【転機予報】風の時代の牽引役・土星の逆行開始!2020年5月11日から9月29日まで

4月26日(日)から始まった冥王星の逆行に続き、明日2020年5月11日(月)12時半過ぎに土星の逆行(正確には地球から見て土星が逆行するように見える状態)が始まります。

土星といえば、今年3月22日の水瓶座入りの前からすでに社会に変革をもたらし始め、土星水瓶座期、そして水瓶座グレートコンジャンクションに始まる「風の時代」へのパラダイムシフトを牽引していると言っても過言ではない、今最も影響力のあるキープラネットです。

そこで今回は2020年の土星逆行についてチェック!

スポンサーリンク

2020年の土星の動きについて

まずは今までの土星の動きと今後の土星の動きをおさらい。

2017年12月20日〜2020年3月22日:ホームである山羊座滞在
2020年3月22日:準ホームである水瓶座入り
2020年5月11日:水瓶座で逆行開始
2020年7月2日:ホームである山羊座に出戻り
2020年9月29日:山羊座で逆行終了・順行へ
2020年12月17日:準ホームである水瓶座入りし、2年ちょっとの長期滞在
2023年3月7日:魚座へ移動

2020年前後の動きも含めてまとめてみましたが、今回の逆行の一番のポイントは星座間の移動が入ること。

いつもなら「公私の『公』の部分で物事の進みが遅くなる」くらいにしか考えていないのですが、今回は逆行のタイミングで水瓶座と山羊座間の星座移動が発生するので、いつもより複雑で様々な影響があってもおかしくないなと思っています。

まあこればかりは実際に起こってみないとわからないですし、人によっても影響の度合いは異なるので難しいところですが…。

逆行開始の5月11日、星座が変わる7月2日、順行に戻る9月29日の前後は、何かが起こる可能性を少し考慮しておいた方がいいかもしれません。

ただ、3月の土星水瓶座入りのときは20日前くらいからわかりやすい影響があったので(急に在宅やリモートに切り替わったタイミング)、ピンポイントの日付よりも大体の流れで抑えておいた方がいいのかな…?

もしかしたら今回もすでに影響は出ていて、5月末までの外出自粛延長などは、土星逆行の影響、という見方もできますね。

スポンサーリンク

今回の土星逆行のポイントと過ごし方

前述のように、今回の土星逆行は、逆行中に水瓶座から山羊座に土星が戻る、という星座間移動が発生するので、いつもよりもややこしそう、という見方ができます。

普通の土星逆行の場合、私が身近でわかりやすく体感しているのは、組織の意思決定やお偉方たちの動きが遅くなったり止まったり、よくわからないテコ入れ(見直し)が入ったりすること。

なのでこのような流れが出始めたら、忍耐…というより期間が5か月弱とまあまあ長いので、私の場合は一旦そのことは放置して別のことに着手する、という対応をするようにしています。(ちなみに私は土星からの影響は結果的にメリットとなることが多いです)。

でも、今回のように大きなパラダイムシフトが伴う、というケースは初めてなので、ちょっと予想ができません…。

よく言われているのは、土星が一度山羊座に戻ったタイミングで山羊座期を振り返り(過去2年くらいですね)、やり残したことを終える期間であるということ。

風の時代に向けて、過去約200年分くらいの地の時代の振り返り、そして風の時代に向けての準備期間だという方もいます。

山羊座的(今までどおり)を推奨する方もいれば、水瓶座的(今後の先取り)を推奨する方もいるので、社会の動きを見つつ、個々に合った方針(?)を取り入れ対応したり実践するのがベストかなと思います。

あと、土星が社会的な影響を及ぼすことを考えると、今だと特別定額給付金や持続化給付金などの手続きや給付などがうまくいかなかったり遅れたり…というようなことが、いつものパターンだと考えられるありがちなケース。

山羊座と水瓶座のミックスで影響があるとすると、手続きなどがオンライン化されて便利になったかと思いきや、トラブル発生や問題点が見つかって結局うまくいかない…なんてことも考えられます(というか、見方によってはもう起きてますね)。

でも、土星逆行期間はそれがデフォルトと考えていた方がちょうどいいかもしれません。何事もなくうまくいけばラッキー。この期間、公的なことなどは特に、個人がどんなにがんばってもすぐには解決できないことが多いので、変にこだわったり執着せず、時期が悪いと思って諦めた方が精神衛生上良い場合もあるかと思います。

これから多くの惑星が逆行期に突入し、感覚的には秋頃までは様々なことが停滞したり混乱するような流れになると思うので、様々なことに「忍耐」は必要になりそうです。

また、何かを始めて軌道に乗せたりするよりは、復習や準備といったことにフォーカスしつつ、社会情勢に合わせて都度行動するのが良い時期だと思います。

最後に、土星が逆行を開始する5月11日は「要注意日」だと色々なところで見聞きしています。何事もないことを祈るばかりですが、もしもの時のパニック軽減のため、念のため…。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
今回の土星逆行、個人的な解釈としては、テレワークなど急に導入された風の要素を整えていくタイミングだと捉えています。物事の進みが遅くなる分、時代の変化への遅れを取り戻せる時でもあります。
自分自身を新時代に合わせる準備期間として、皆様が有意義に土星逆行期間を過ごすことができますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました