The beginning of the end〜終わりの始まり~

震える空気、
波立つ水面、
揺れる大地、
消える灯火。

表に流れる言葉の裏で、
真実をほのめかし
終わりを口ずさむ声が聞こえる。

言葉に踊り、踊らされ、
言葉で煽り、煽られて、
でも、行く末はわからない。
たどり着く先はわからない。

星を読む者は口々に言う。
「終わりの始まり」を予言する。

地球に寄り添い、
星の声に耳を傾ける者は知っている。
感覚的に気づいている。

終わりの始まりの気配を。


満ちた月が欠けてゆき、
太陽と重なりその姿を消したとき、
新たに始まる物語。

その時に誰がいるのか、
その時に何があるのか、
それは誰も知らない。

ただ、星たちだけが、知っている。
空の彼方の星たちだけが、
その先の姿を知っている。

そこにある光を
終焉の炎と見るか、
それとも希望と見るか。

それは自分次第。

コメント

タイトルとURLをコピーしました