全身運動を効率的に行うなら短時間のジョギング・ランニングが手っ取り早い

運動不足というよりも動くことそのものが極端に減り、とうとう身体が悲鳴をあげたので、先日から(本人はランニングのつもりの)早朝ジョギングを始めました。

ジョギングとランニングの違いは、簡潔にいうと、速さと強度(そして本気度)のようです。

・ジョギング…ウォーキングよりちょっと速いくらいのゆっくりペースで走ること。
・ランニング…目的を明確にして速く計画的に走ること。

思えば3月上旬から外出や外での活動時間が減り、定期的に通っていたホットヨガにも通えなくなりました。それがなくなっただけで、身体がここまで怠くなるとは…。

そして我慢できなくなり、ついに頭で考えるより先に身体が勝手に外へ走りに出てしまったんです。

でも、走ってみて、これが思いのほか気持ち良くてびっくりしました。毎朝、計画的に、というよりは身体が勝手に外へと出ていきます。(頭では「どうしようかな…着るものが…人に会うのが…」と考えているので、身体が勝手に、という表現はあながち間違っていないと思われます)。

以前、近所のランスポットを走ってみたり、皇居ランをやっている方々にお仲間に入れてもらって夜の皇居ランを試みたこともあるのですが…その時はそこまでランを楽しむことはできず、爽快感や達成感もなく、結局、継続することはできずに終わりました。

その時から、多くの人がランニングをしているけれど、走ることは私には必要ない、そう思っていました。

そんな私がここにきて、早朝、積極的に外を走っています。走ると一度に全身が動かせるので、どうやらそれが気に入っているみたいです(私の身体が)。

思い立って走りに出た初日は人通りの少ない道を適当に走っただけでしたが、ものすごく走った感がありました。でも、時間を見てびっくり。走った時間、たった5分…。

ランニングなどの有酸素運動は20分以上の継続で色々良い効果を得られることを思い出し、翌日は距離を長くしたところ、ジャスト20分。速歩きとほぼ同じ速度でしたが、運動量(特に足への負荷)が歩くのとでは全然違うので、身体を動かすという目的は達成されているし、季節柄、緑や花がきれいなので、外を走るのも気持ちがいいです。

それから、普段あまり行かないような場所に行くのも冒険気分を味わえるのでおもしろかったりします。

早朝なら人もほとんどいないので嫌な顔もされませんし、空気が澄んでいて気持ちがいいです(あと、どんな格好でも人目が気にならないのが◎・笑)。

家でのストレッチや運動もやらないよりは全然効果があるとは思いますが、運動量と時間などの効率を考えると、家での細々としたエクササイズよりも、短時間外を走る方が手っ取り早いです(と、私の体が申しております)。

天気や気候も今ならちょうど良いので、走る環境が整っている方は早朝のジョギング&ランニング、おすすめです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
「走るとか絶対無理!」と思っている方も、身体が走りたがっていたら、その声を無視せず試しに走ってみてください。もしかしたら私のように、自発的に走りたくなってしまうかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました