2020年5月5日〜5月6日はみずがめ座流星群~流れ星に願いをかけて

2020年5月5日の夜遅くから5月6日の明け方にかけてみずがめ座η流星群(エータりゅうせいぐん)の活動がピークとなり、流れ星観測のチャンスと言われています。

みずがめ座η(エータ)流星群は、ハレー彗星が母天体であると考えられている流星群。ハレー彗星の通り道に残されていた塵が地球の大気の上空100km前後で発光して見える現象で、速度が速いのが特徴だそうです。

東京はあいにくのお天気で、晴れても満月直前なので月明かりも気になるところですが…6日の未明から明け方にかけて、運が良ければ1時間に5~10程度の流れ星を見ることができそうです(見る場所は月が降下していく西の空とは反対の東の空が良さそう)。

ただ、お天気が不安定なこと、また、この時期のみずがめ座流星群の観測は海外など南半球の方が好条件のようなので、ご無理はせずに…。

【みずがめ座流星群とは】
みずがめ座流星群はみずがめ座に放射点を持つ流星群で、毎年ゴールデンウィークごろにピークを迎える「η(エータ)流星群」と、夏休みごろにピークを迎える「δ(デルタ)流星群」の2つがあります。それぞれ放射点がみずがめ座のη(エータ)星、δ(デルタ)星付近にあることから名前が分かれています。

流れ星を見たことがないので、流れ星(が流れている間)に願い事をすると叶う、というのが本当かどうかはわかりませんが、月のように見えなくても効力はあるかもしれないので、今夜はみずがめ座の流れ星に願かけしてみるのもいいかもしれません。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
みずがめ座流星群が願いを叶えてくれますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました