Dearest rose

こんなふうにずっと…

こんなに長く、一緒にいられるとは思ってなかった。

あの日、我が家に来てすぐに生死をさまよったあなたは、

ただ1つ、

生まれ変わったような復活を遂げてくれた。

多くがある日突然パタリと倒れていく中、

奇跡としか思えない美しさを保ち、

私の心を癒してくれた。

先行きの見えない不安と恐怖の中、

あなたはその驚異の生命力をもって、

私に希望を見せ続けてくれた。

夢を見せてくれた。

時を止めて、

若い芽吹きまでして、

「一緒に生きたい」という私の願いを聞き続けてくれていた。

その姿は奇跡でしかなかった。

何日も何日も、

時を止めてそこにいてくれた。

美しさを保ったまま、

その日が近づいていることを見せないように、

少しずつ、少しずつ。

それは私にとって、未知の体験だった。

でももう、終わってしまったんだね。

やはり一緒には生きられないんだね。

美しく老いて時を止めたその姿を、

私はまだ手放すことができない。

未来なんて見据えず、

ただ「今」を引き延ばしていたら、

まだもう少し一緒にいられたのかな。

そんなことを考えながら、

あなたの命の灯とも言える鮮やかさが失われていくのを、

ただぼんやりと見続けている。

最後にもう一度だけ、応えてもらえないかと、

虚空に向かって言葉を吐き出している。

でも、もう……。

長い間、そばにいてくれてありがとう。

本当にありがとう。

心からの感謝をこめて。

あの日、時を止め、私と心を通わせてくれたあなたへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました