心身の可動域を広げる朝のストレッチ

今日の月は射手座に。
ということで、今日のキーワードは「可動域」です。

以前、「起床後、朝1時間半の行動がその日1日に影響する」ということを書きましたが、月初から本格的に始めたルーティンの1つ、朝の柔軟・ストレッチが気に入っています。

やっている方、多いと思うのですが、睡眠中に固まった身体をほぐす、伸ばす、という身体的アプローチもさることながら、「可動域の拡大」をしている感覚が、精神的にも良い感じなのです。

特に気に入っているのが、横になり、壁に沿って足を上げて行う開脚。

起き上がった状態でやるよりも、足を逆さにすることで、足の重さで自然と股関節の可動域が広がるし、それを視覚でも実感できるため、身体・視覚の両方から開脚時の可動域の広がりを実感できるんです。

やりすぎると膝(関節)に負担がかかるので、膝を痛めないよう注意は必要なのですが。

開脚したときの可動域が広がっていくのを実際に目で見ることで、足だけでなく、自分の中で無意識につくってしまった限界など色々な制限が外れ、心の可動域も拡大しているような気がしています。

そして、朝にこの「可動域の拡大」のインプットができると、その日1日の選択肢の可動域も広がり、一石二鳥…いえ、一石三鳥くらいにはなっています。

自分の可動域を広げるにはチャレンジ精神とか勇気が必要、と思いがちですが、感情だけでなく、身体と脳(思考や意識)の両面からのアプローチも意外と効果的だな、と思う今日このごろです。

これから寒くなってくるので、朝、起き抜けに無理に身体を動かすと身体を痛める原因になってしまうので、やることややり方はご自身に合った方法を考えた方が良いと思いますが、朝一番に行う身体と思考の可動域を広げる習慣、おすすめです。

自然とチャレンジ精神が育つというか…意識して行うことで、メンタルに良い影響がありますよ。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
脳と身体、両面からのアプローチで、人間性、そして人生の可動域も毎朝少しずつ拡大することができますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました