【転機予報】2020年10月14日〜11月4日は水星逆行期間!各種トラブルにはご注意を

昨日の記事にも書きましたが、ちょうど1週間後の2020年10月14日(水)から、今年最後の水星逆行が始まります。

が。
早い方は1週間前くらいから、つまり今日くらいから徐々に影響が出てくるのでご注意を。

(今回勉強して知ったのですが、実際に影響が出始めるのは逆行期間と同じ、3週間くらい前からなんだそうです。ただ、そんな前から影響を受けたことはさすがになく、わかりやすく影響を受けている人も知らないので、私はこの考え方を重視はしていません。でも、ものすごーく水星の影響を受けている方は、逆行期間の前3週間も考慮した方がいいと思います。

また、順行に戻った後の3週間も影響はあるそうですが、その期間はどちらかというと逆行期間のフォローみたいなタイミングのようなので、逆行前と逆行中と同じ対策は必要ないのではないかと思います)。

私も今回はすでに影響が出てまして、最初はわりとありがちなパソコン環境の不調だったのですが、一昨日は久々に対人コミュニケーションでトラブルがありました。しかも、火星逆行の影響とのWパンチ。

今回は、水星逆行の影響による起こるかわからないトラブルはあまり気にしないでおこうかなと思っていたのですが、一昨日の一件で嫌な予感がしたので、水星逆行期間はやはり極力人との関わりは減らし、引きこもって勉強や断捨離など、年末から始まる水瓶座グレコン期や風の時代に向けた準備に力を入れることにしました。

水星逆行期間の過ごし方については色々な考え方があり、さらには人によっても影響の度合いが異なるので、ベストな過ごし方は各々で決める、というのが良いと思っています。

ただ、私個人の考えとしては、影響がそれなりにあることもあり、水星の影響で起こるトラブルには必要性や意味を感じないというか…正直面倒なので、その影響やリスクを回避できるのであれば極力避けたい、というのが本音です。

そういう意味では火星逆行の影響も、できることなら極力避けたいエネルギー。先日の一件で改めて思いました。

そう、水星や火星の逆行で個人レベルで起こる悪影響って、もらい事故的な不運要素が強いんですよね。だから嫌。

それなら、その期間に最適な過ごし方をした方が時間を有意義に使える気がしています。

水星逆行の時の注意点などはこちらです。

【水星逆行のときに起きやすいトラブル】

●交通機関の乱れ
電車の遅延や運転見合わせ、道路の渋滞、航空機の遅延や欠便など

●電子機器のトラブル
パソコンやスマホが壊れるなど通信機器トラブル、メールやメッセの未送信や誤送信・未受信、電波トラブルなど

●コミュニケーショントラブル
ダブルブッキング、ミスコミュニケーション、口論、誤解などなど

一方で、水星逆行のときは「復習や振り返り、見直し」が開運アクションだと言われています。

逆行する8天体の中で、水星逆行は約3週間と短いですが、1か月弱と考えるとやはり長いので、計画的にお過ごしくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
約3週間の水星逆行期間、良い影響を享受して有意義なものとなることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました