牡牛座満月とコンジャンクションしていた天王星の影響〜天王星の影響は衝撃的なので、まずは「心構え」を

今日は別の記事を予約していたのですが、今回の牡牛座満月(というか天王星)からの刺激(?)がわかりやすかったので、過去を含めた私の体験談をシェアさせていただこうと思います。

自分自身の備忘録も兼ねていますが、水瓶座グレートコンジャンクション期の来年は特に、天王星の影響が様々なシーンで出てくると思うので、「天王星が絡むとこんなことが起こる可能性がある」という一例として、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

社会天体といわれる天王星、個人にも影響するの?

まず、天王星についておさらい。
天王星は水瓶座のルーラーで、公転周期は約84年。1つの星座に約7年滞在し、星座移動のタイミングなどでは大きなニュースになるような社会的に大きな出来事がよく起こっています。
記憶に新しいところでは「3.11/東日本大震災」。天災や事件など痛みを伴うことがクローズアップされることが多いですが、Windowsのパソコンの登場・普及などのように革新的で安心安全の平和な話題ももちろんあります。

天王星はトランスサタニアンの1つであり、個人ではなく社会に影響を与える惑星と言われていますが、私は水瓶座だからか、それともネイタルホロスコープで蠍座の天王星を持っているからか(天王星は蠍座で最も勢いを持つそうです)、昔から人生の節目節目で天王星の影響をわかりやすく受けて生きています。(天王星だけでなく、サターンリターンやジュピターリターンなどでもわかりやすく影響は出ています)。

昔のことは、天王星のサイン(星座)移動など大きな動きでしか確認はできなかったのですが、幼少期は引越しや進学で生活や環境がガラリと変わっていて、社会人になってからも働き方が変わる、個人事業主になるなど、7年ごとにわかりやすく何かが変わっています(実は3.11のときも、翌日を新しい土地での入居日にしていました。実際には引越しは数ヶ月後、となりましたが…)。

牡牛座天王星期はわかりやすく「こう変わった」という部分がまだないのですが、今回は水瓶座グレートコンジャンクションが年末に控えているので、恐らくそのタイミングで変わるのだろうと思います。(以前もジュピターリターンに合わせ、予兆はあったものの、天王星のサイン移動から2年後くらいに本格的にガラリと変わったことがありました)。

また、惑星の動きにまで注目し始めたここ2年くらいは、実は蠍座新月&牡牛座満月の期間(つまり今)にかなり衝撃的な形で仕事が変わる、ということを経験しています。

衝撃的な形、というのはまさに天王星っぽいなと感じる、思いもよらないショックを伴う形です。

天王星と月の影響だということに気づいてからは少しずつ大丈夫になってきましたけど、気づくまではほんと、トラウマになりそうなほどショックでした(涙)。そして、気づいたからといってショックを受けないわけでもありません(笑)。

また、その後に新しくもたらされるものというのが、これまた天王星らしく

・まったく想像していなかったこと、考えもしなかったこと
・自分では考えつかないような、今までよりもずっといいこと

なので、これで良かったのだと思えるのですが…そこまでに至る経過がほーんと読めないし、大きなショックが伴うので、ほんと手加減してくださいお願いします…と土下座して頼みこみたい気持ちです、いつも。

ただ、天王星は牡牛座にいるときに最も勢いがなくなるらしいので、マイルド〜な変化を期待しているのですが…持って生まれたものはその対角の最も勢いのある蠍座なので、どうなることやら。。

スポンサーリンク

2020年の牡牛座満月with天王星で起こったショッキングな出来事

そう、今の時期は私にとって、何が起こってもおかしくないハラハラドキドキ期間。

本命のドキドキ日は蠍座新月ですが、実は予兆は先々週にすでにあり…

さらに過去にも牡牛座満月with天王星のときは、予想外のビックリなこと(当時、面識はないもののかなり気になっていた男性と電車というか並んだ車両まで同じだったらしく、満員電車でまさかの若干密着状態になったこと)があり、今回の牡牛座満月当日も何が起こってもおかしくはない、と、少し…いえ、かなり心構えをしていました。

でも、心構えをしていても、起こることはいつも予想外…。

今年の牡牛座満月の当日に起こったのは、幸か不幸か、

・花瓶が倒れて近くにあったお気に入りの食器が割れる(涙)→食器が割れたのなんて何年ぶり、という感じで、さらに買ってきたばかりの花も2本折れて、直後は呆然…(ただ、食器はそのブランドの定番品だったので、すぐに新しい物を購入できた)

・出先でスズメとカマキリを踏みそうになる(が、事なきを得る)→とはいえ直後は冷や汗&ドキドキ

・帰宅途中、ネズミがすぐ目の前を走り去る→突然の衝撃にだいぶ慣れてはきていたけれど、靴のつま先から20センチもないところを走って行ったので、一歩間違えば踏んだか蹴ったかしていた可能性が。この時もちょっとドキドキ

・牡牛座満月だからリッチに、ということで
買って帰ったお高めシャンパン、開けたらまさかの噴水状態になり、この時も呆然…(しかも花瓶が割れたのとまさに同じ場所で)→初のシャンパンシャワー体験に…。半分くらいは残っていたのが不幸中の幸い

これだけのショッキングな出来事が起こり(しかも悪い予兆にとれないこともない)、「これから起こることに対してちゃんと心構えしときなさいよ」と、天王星に念押しされた気持ちになりました(涙)。

もちろん、満月の増長効果で「幸せ〜」と思った瞬間もたくさんありましたが、満月前日は精神的におかしくなったりと(生まれて初めて自分の記憶に自信が持てなくなりました…あれは怖かった…認知症ってあんな感覚なのかしら…)、何かと心臓に悪い牡牛座満月となったのでした。

スポンサーリンク

天王星対策はどうすればいい?

私の個人体験に限らず、過去のニュースなどを見ても、天王星の影響というのは衝撃的なこと…災難と思えることが多めです。

天王星が絡む変化は絶対により良くしかならない、とわかってはいても、天王星の恩恵は予想外の形で、しかも最初は不幸だとしか思えないような心臓に悪い形でやってくることが多いので、今後どうなるかわからない、何が起こるかわからない恐怖で今まさにビクビクしている私ですが(まだサプライズを楽しめるところまで自分を持っていくことができていない)、

・より良くなることしか起こらないから変化を楽しみに待つ
・そして何があっても感謝して受け取る
・今からより良いものが入ってくるスペースをつくる

を肝に銘じ、さらに脳に言い聞かせて洗脳(?)しています。

すでに変化を示唆する予兆があり、そしてそれは大いにあり得ることなのですが、そうすると私の想定している計画とかなり大きくズレてしまうので、私はそこに恐れがあるのですが…それも含めて自分を洗脳する作戦です。

私の場合、ネイタルホロスコープが天王星の影響が出やすい感じなので、普通はここまできつい影響は受けないかもしれませんが、今後、天体の動きやアスペクトによっては同じような影響が出ることもあるかもしれないので、ご参考までに。

そうそう、「より良いものが入ってくるスペースをつくる」と書いていてハッとしましたが、毎回起こる衝撃的なことというのは、この「スペースをつくる」ために起こっているものです。

私の場合で言うと、「その都度仕事を辞める」ということをまず最初に選択させられるわけです。「させられる」という表現にしているのは、決めたのは私ですが、その時それを望んでいたかというと、無意識下ではわかりませんが、少なくとも顕在意識では決して辞めること自体を望んでいたわけではなかったからです。

しかも、今後の当てもないまま辞めて、「これからどうしよう…泣」となって初めて新しいものが入ってくる、とまあ、過去2年はこんな流れでした。

関係者とも険悪なまま縁が切れたりもして、「なんでこんな形で…」「私って人として…」と毎回かなり落ち込みます。

でも、結果的にはそうしたことでより良い未来が待っていたことは事実ですし、そういう状況にならなければ私は選択できなかったのだと思うと、それで良かったのかなと。

「悪い状況にならなければ選択できない」、これは皆さんも少なからず経験があると思います。不満があっても、その現実が変わってしまうことを怖れてしまうこと、とか。

例えば、職場にかなりの不満があるのに、新しい仕事が見つかるか不安だから辞められない、とか、収入が減るのは嫌だから辞める選択肢はない、とか。

不確定なより良い幸せよりも、不満があっても変わらない現実を選ぶこと、多いですよね。人間は基本、変化を嫌う生き物ですし。

でも、天王星から受ける影響が大きくなるほど、このような場合、容赦なくその職場とはバリッと引き剥がされます。

天王星の手法(?)はすごくエキセントリックで早い、しかも確実だけど、痛みを伴うことが多いです。そして、その恩恵に気づかずフォーカスを変えずにいると、いつまでも辛いです。苦しいです。「より良いこと」に気づけず「私は不幸」期間が長引いてしまいます。

私も、わかってはいるのに心底今の環境に感謝できたのは夏くらいからでした。

だから、天王星絡みの変化が訪れたら、

・変化を拒まず受け入れる
・過去に執着しない
・より良い人生を生きる覚悟を決める
・変化の後は必ずポジティブなことにフォーカスを変える

上記を意識することがとても大事になってくると思います。
いつまでも過去に縛られていたら、せっかくの幸運も不幸のままです。

天王星の優しいところは、気づかずに間違った方向に進んでいたとしても、何らかの形で必ず軌道修正のチャンスをくれること。それでも間違った方向に進んでいた場合には、強制的に矯正までしてくれることが多いです(その分、かなりの痛手にはなりますが…)。

特に水瓶座グレートコンジャンクションを機に始まる風の時代では、パラダイムシフトによって色々なことが変わります。

その影響もあり、「我慢して生きている」と、今まで以上に天王星のエッジの効いたテコ入れ、そして痛みを伴う変化が否応なしに訪れるのではないかと思っています。

天王星からの影響が強いかも、と思った方は、ぜひ心構えだけでもしておいてくださいね。衝撃が強くなるほど、心の持ち用だけでも精神負担はかなり変わってくるはずです。

天王星は、本質レベルで私たちの真の幸せのために力を貸してくれる惑星。私もまだまだ天王星からの影響(というか衝撃だけを和らげる方法)を試行錯誤している最中ですが、天王星からの恩恵を上手に生かし、「不可能をも可能にする人生」にしていきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
今後は天王星からの影響を痛みなく良い部分だけ受け取ることができますように…。

画像は、牡牛座満月の日に買った天王星カラーのお花(天王星にはいくつかイメージカラーのようなものがあり、これはそのうちの1つです)。
青いお花はあまり惹かれないのですが、その日はこの色にひと目で心を奪われました。
これも天王星の影響…なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました