風の時代・水瓶座グレートコンジャンクション期初の初詣、お賽銭はこの3枚!

今日で2020年も終わり。
世界中で色々なことがあった1年となりましたが、明日からは心機一転、2021年が始まります。

来年は例年通り、とはいかないかもしれませんが、明日以降、初詣に行く方もいらっしゃると思いますので、今年最後の記事は、風の時代&水瓶座グレートコンジャンクション期初の初詣や神社参拝にぴったり(だと個人的に思っている)お賽銭について書きたいと思います。

お賽銭の代表例としてよく挙げられるのは5円玉。

ですが、個人的には、風の時代&水瓶座グレートコンジャンクション期のキーワードだと思っている3つの言葉を表す下記の硬貨3枚組が効果的だと思っています。

・5円…ご縁(天秤座的)
・10円…自由(水瓶座的)
・100円…飛躍(双子座的)

この、今後キーサインとなる風のエレメントの3星座を象徴するような3枚をお賽銭とした参拝は、実は風の時代とか水瓶座グレートコンジャンクションなんて言葉をまだ知らなかったころから、個人的な願掛けを兼ねて行っていたものです。

本殿等でのご挨拶の際、「神様にはお願いごとはせず感謝の気持ちだけを伝える」のが正しい参拝、と聞きますが、お願いごとをしなくても、この3枚のお賽銭に「ご縁がほしい」「自由な環境にいたい」「飛躍したい」など希望をこめるだけで、意外と願いは聞き届けられるような気がしています。

なので、私は基本、お賽銭は115円。

中には、10円玉はお賽銭としてふさわしくない、と見る方もいるようですが、その道で有名なある方(すみません、どなたかは忘れてしまいました…)は、10円玉のお賽銭は特に問題ない、と著書に書いていらっしゃったので、私は気にせず使っています。(私の場合、そのようなエビデンスがなくても使っていたと思いますが…)。

先週12月22日(火)に水瓶座グレートコンジャンクションが起こり、暦的にも風の時代にはなりましたが、私からすると、やはりまだまだ世の中全体で地の時代の状態維持(エネルギー)は続いている、根強く残っている、と感じます。

それが悪い、というわけではありません。(個人的にはまだ肩身が狭く、居心地悪いですが…)

ただ、新しい時代の「風の要素」を先取りする意味でも、来年の初詣のお賽銭には「ご縁・自由・飛躍」を願う「115円」、おすすめです。

春分のころ、春の訪れとともに、人生に、新しい時代の風がいち早く吹き始めるかもしれません。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

また、今年1年、「アクエリアンドリーム」にきてくださった皆様、本当にありがとうございます。

なんとなく趣味で始めたサイトでしたが、思った以上に多くの方に見ていただけたようで…感謝しております。

ネイタルチャートが風寄り&水瓶座強めの私の感覚(センサー)が、これからの時代に何か少しでもお役に立てば、嬉しいです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは。
今年も残すところあとわずかとなりましたが、良いお年をお迎えくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました