【転機予報】今日2021年6月21日、夏至&太陽蟹座入り!最高潮の「陽」のエネルギーを受け取る

今日2021年6月21日(月)12時半ごろ、太陽が双子座を出て蟹座入りしました。

そして今日は、昼間(太陽の出ている時間)が1年で一番長いと言われている夏至。

今日の未明(日付が変わってすぐ)に木星が逆行を始めましたが、

こちらの記事では「夏至」「太陽蟹座入り」について書いていきます。

スポンサーリンク

夏至について

今日は、

●魚座で木星が逆行開始
●太陽蟹座入り
●夏至

この3つが重なる日です。

夏至と言えば、1年で昼間の時間が最も長く、陽のエネルギーが最高潮に達する日。

今日のトピックとしては、夏至にフォーカスし、かなり強まっている太陽の「陽のエネルギー」をしっかりと受け取ること、これに尽きると思います。

太陽は地球上の生命にとっては欠かせないもの、命綱のようなところがありますからね。

私は

●太陽が蟹座入りするタイミングの前後でソーラーウォーターをつくる
●太陽が蟹座入りするタイミングの前後に日光浴をする
●太陽が蟹座入りするタイミングで太陽の写真を撮る(写真を撮ることも星とのアンカリングには有効だと感じています)

今日の東京は雲が多いのですが、この3つはがんばってできたらいいなと思います。

ちなみに、夏至のエネルギーが有効な期間(?)について、私は夏至を挟んで全3日だと思っていたのですが、夏至の前後3日、計1週間は夏至のパワフルなエネルギーが継続するようです。

なので、7月24日(木)くらいまでは、パワーチャージをするなり、心身の浄化をするなり、計画を始めるなり進めるなり、夏至のエネルギーを有効活用できるのではないかと思います。

それから、これは自分の中から出てきたものなのか、誰かの言葉を取り入れたのかはわからないのですが、

今日は「自分がこれから何者になっていくのか」を決断するのにも適した日。

昨年末から今年にかけて、何かと「決める」タイミングが続いていますが、風の時代に入ってちょうど半年の今、改めて「今後について考え、決める」ことも必要そうです。

スポンサーリンク

太陽の蟹座入りについて

次に、太陽蟹座入りについて。

11日前に双子座新月を迎えたばかりなので、7月10日(土)の蟹座新月までは双子座新月月間が続きますが、太陽は早々に次のテーマである蟹座へと進んでゆきます。

●新月サイクルでは「双子座」の期間
●太陽サイクルでは「蟹座」の期間

太陽のサイン移動後は、「新月サイクル」と「太陽サイクル」、どちらに合わせるといいのか迷うところですが、基本、エネルギーの影響によって使い分けたり、好きな方に合わせていいと思います。

私はミラクルタイムの回収があるのでもちろん双子座。

夏生まれの方は、蟹座にも合わせておくと、良い流れでお誕生日を迎えられるのではないかと思います。

キーワードはこちら。

★蟹座のキーワード
感受性、家族、両親、親子関係、家族のような仲間、生活力、記憶力、模倣力、防衛本能、守る、育てる、愛情を注ぐ、ファミリービジネス、住まい、プライベート、インテリア、フレンドリー、子育て、世話する、妊娠、出産、家族、安らぎ、愛情深さ など

●太陽のキーワード
基本性格、生命力、活力、自我、本質、個性、意思、目的意識、人生の目的、人生観、能動、活力、社会的成功、自己表現、自尊心、積極性、父性、権威、支配、リーダーシップ、自分の存在価値、自分らしく生きる方法、創造性や個性を発揮する方法、など

夏至のパワフルなエネルギーに対し、蟹座はどちらかというと優しさやリラックスするようなイメージがあるので、「太陽蟹座入り=夏至」は不思議だなーといつも思うのですが…

蟹座月間はお家時間を重視するタイミングでもあるので(自粛期間は終わりましたけど)、現在、疲れを強く感じている方や、夏が本番という方は、今日からは英気を養う充電期間とするのも1つかな、と思います。

アクセル全開or休む、お好きな方を選んでいきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

今日の今日から始まる太陽の新しいサイクルが「絶好の転機」となることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました