【2021年下半期の転機予報】新月・満月・惑星の移動・逆行・順行など月別リストと星よみ〜星の動きとともに風の時代の理想を現実にしていく半年間

早いもので、明後日から7月。

2021年も残すところあと半年、下半期に突入です。

ということで、今日は2021年下半期の星の動きをまとめました。

風の時代は「星の動きが示すとおりに生きる」のではなく、「星の動きに合わせてそれぞれが未来を切り拓いていく」のが正解だと思っています。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

2021年7月の星の動きと転機予報

【星の動き】
●2021年7月10日(土)蟹座新月
・2021年7月12日(月)水星蟹座入り
●2021年7月22日(木)太陽獅子座入り
・2021年7月22日(木)金星乙女座入り
●2021年7月24日(土)水瓶座満月①
・2021年7月28日(水)水星獅子座入り
●2021年7月28日(水)木星水瓶座入り(逆行中)
・2021年7月30日(金)火星乙女座入り

【逆行中の惑星】
※冥王星(2021年4月28日(水)~2021年10月7日(木))
※土星(2021年5月23日(日)~2021年10月11日(月))
※木星(2021年6月21日(月)~2021年10月18日(月))
※海王星(2021年6月26日(土)~2021年12月1日(水))

6月に引き続き、7月の星のエネルギーもパワフルです。

特に注目したいのは月。

まず、2021年下半期のリスタートに合わせるかのように、7月1日(木)に絶妙なタイミングで月が牡羊座入りします。

その後、7月10日(土)にホームである蟹座での新月があり、いつも以上にパワフルなエネルギーを蓄えたまま、7月24日(土)に今年のキーサイン・水瓶座で1回目の満月を迎えます。

水瓶座の満月は今年2回あり(2回目は8月22日)、このあたりが水瓶座のエネルギーのピークとなりそうです。

7月28日(水)には魚座で逆行中の木星も水瓶座に戻ってくるので、風の時代の風に乗り切れていない、という方は、ぜひこのタイミングで地の時代から風の時代へとシフトしておきましょう。

それから、7月22日(木)の太陽獅子座入りも要チェック。

獅子座は水瓶座のペア星座で、太陽は自己実現の星です。

7月〜8月は水瓶座と獅子座(にある星)にアンカリングしておくと、色々とスムーズにいくのではないかと思います。

スポンサーリンク

8月の星の動きと転機予報

【星の動き】
●2021年8月8日(日)獅子座新月(ライオンズゲート)
●2021年8月12日(木)水星乙女座入り
・2021年8月16日(月)金星天秤座入り
●2021年8月20日(金)天王星逆行開始(2022年1月19日(水)まで)
●2021年8月22日(日)水瓶座満月②
・2021年8月23日(月)太陽乙女座入り
●2021年8月30日(月)水星天秤座入り

【逆行中の惑星】
※冥王星(2021年4月28日(水)~2021年10月7日(木))
※土星(2021年5月23日(日)~2021年10月11日(月))
※木星(2021年6月21日(月)~2021年10月18日(月))
※海王星(2021年6月26日(土)~2021年12月1日(水))

8月も要チェックの星の動きが多い月となっています。

まず、8月8日(日)の獅子座新月。

この日はライオンズゲートがMAXで開く日と重なり、かなりパワフルになることが予想されます。

そして、そのパワフルな新月を経て、8月22日(日)に2回目の水瓶座満月。

この日の満月は水瓶座グレートコンジャンクションコンビの木星と土星(どちらも逆行中ですが)を伴った満月となるため、1回目の満月よりもパワフルになる気がしています。

8月は、打ち上げ花火の最後のように、エネルギーがスパークするイメージです。

あとは、忘れてはいけないのが月末の水星の天秤座入り。

今年3回目のミラクルタイムのスタートです。

3回目は社会面や人間関係、恋愛などでパラレルや不思議なことが起こりやすくなると思うので、このあたりのテーマで叶えたいことがある方は、このタイミングで水星にアンカリングしておいてくださいね。

スポンサーリンク

9月の星の動きと転機予報

【星の動き】
・2021年9月7日(火)乙女座新月
・2021年9月11日(土)金星蠍座入り
・2021年9月15日(水)火星天秤座入り
・2021年9月21日(火)魚座満月
●2021年9月23日(木)太陽天秤座入り/秋分
●2021年9月27日(月)水星逆行開始(~2021年10月19日(火))

【逆行中の惑星】
※冥王星(2021年4月28日(水)~2021年10月7日(木))
※土星(2021年5月23日(日)~2021年10月11日(月))
※木星(2021年6月21日(月)~2021年10月18日(月))
※海王星(2021年6月26日(土)~2021年12月1日(水))
※天王星(2021年8月20日(金)~2022年1月19日(水))

例年ですと、9月は一旦リリースのタイミングにするのですが…

今年はミラクルタイムがあるので、注目したいのは天秤座に集結する星。

残念ながら天秤座の守護星である金星は9月11日(土)に蠍座に行ってしまうのですが、9月15日(水)に火星が、9月23日(木)に太陽が天秤座入りし、9月27日(月)に水星逆行が始まります。

火星を伴っての水星逆行は少々ドキドキしますが、その分ダイナミックにパラレルジャンプできる気もするので、この流れにうまく乗りたいところです。

スポンサーリンク

10月の星の動きと転機予報

【星の動き】
●2021年10月6日(水)天秤座新月
・2021年10月7日(木)金星射手座入り
・2021年10月7日(木)冥王星逆行終了・順行へ
●2021年10月11日(月)土星逆行終了・順行へ
●2021年10月18日(月)木星逆行終了・順行へ
●2021年10月19日(火)水星逆行終了・順行へ
・2021年10月20日(水)牡羊座満月
・2021年10月23日(土)太陽蠍座入り
●2021年10月30日(土)火星蠍座入り

【逆行中の惑星】
※海王星(2021年6月26日(土)~2021年12月1日(水))
※天王星(2021年8月20日(金)~2022年1月19日(水))

10月は、ミラクルタイムのメインとなる天秤座新月があります。

ミラクルタイム自体は11月の初めごろまで続きますが、今年最後のレアな時間、うまく使っていきましょう。

それから、冥王星、土星、木星が逆行を終えて順行に戻ります。

大型惑星の逆行・順行は人によって影響や体感が違うと思いますが、この3つは社会的な部分で地の時代から風の時代への移行に関わっているので、ここでまた世の中の風向きが変わっていくのではないかと思います。

スポンサーリンク

11月の星の動きと転機予報

【星の動き】
・2021年11月5日(金)蠍座新月
・2021年11月5日(金)金星山羊座入り
・2021年11月6日(土)水星蠍座入り
・2021年11月19日(金)牡牛座満月(部分月食)
・2021年11月22日(月)太陽射手座入り
・2021年11月25日(木)水星射手座入り

【逆行中の惑星】
※海王星(2021年6月26日(土)~2021年12月1日(水))
※天王星(2021年8月20日(金)~2022年1月19日(水))

風のサインでの大きな星の動きも終わり、11月は少し落ち着けるタイミングになるかもしれません。

ただ、月初に蠍座新月があるので、今年必要な変化を拒んでしまった場合など、人によっては強制的な変化を促される可能性があります。

というのも、来年はドラゴンポイントが牡牛座×蠍座ラインに移動するから。(11月、月食はすでに牡牛座で起こるみたいなので、このタイミングでも変化の催促はきそうです)。

なので、必要な変化は早めにしておく(受け入れておく)ことをおすすめします。

また、このくらいから、魚座木星期に向けたシフトを始めておくと、来年以降もスムーズに動けるのではないかと思います。

スポンサーリンク

12月の星の動きと転機予報

【星の動き】
●2021年12月1日(水)海王星逆行終了・順行へ
●2021年12月4日(土)射手座新月(皆既日食)
・2021年12月13日(月)火星射手座入り
・2021年12月14日(火)水星山羊座入り
●2021年12月19日(日)双子座満月
・2021年12月19日(日)金星逆行開始(~2022年1月29日(土))
●2021年12月22日(水)太陽山羊座入り/冬至
●2021年12月29日(水)木星魚座入り

【逆行中の惑星】
※天王星(2021年8月20日(金)~2022年1月19日(水))

12月の一番のチェックポイントは、やはり月末の木星魚座入り、でしょうか。

来年のキーサイン・魚座の守護星である海王星が月初に逆行を終え順行に戻るので、12月は早々に意識を「水瓶座」から「魚座」へと切り替えておきましょう。

今後、水瓶座を始めとした風の3星座はすべてにおいてベースにはなるのですが、来年木星が滞在する魚座&牡羊座はけっこうしっかりフォーカスした方がいい気がしています。

それから、皆既日食となる射手座新月も重要です。

年が変わるなど節目のタイミングに、良い変化を後押ししてもらうにはベストな星回りだと思います。

そして、冬至の前の双子座満月は、風の時代初年度の集大成となる…かどうかはわかりませんが(エネルギーとしてはちょっと軽いかも…?)、12月19日(日)の双子座満月が実質2021年の区切りとなりそうです。

スポンサーリンク

2021年下半期は「風の時代で新たな理想を具現化していくとき」

2021年上半期は風の時代へと切り替わったばかりで、風の時代がどんなものなのか、様々な情報から知識としては何となくわかってはいても、風の時代を過ごすのは、地球上の全員が初めてとなる経験でした。

けれども、風の時代へと切り替わった期間を半年くらい過ごして、地の時代からどのようなところが変わっていっているのか、どんなことが可能になっているのか、感覚や体感でわかり始めた方も多いかと思います。

また、半年前には想像もしなかったような「今」を生きている方も少なくないのではないかと思います。

風の時代は、とにかく具現化・現実化が早いといいます。

2021年の折り返しのこのタイミングで、自分が理想とするものが風の時代にマッチするものとなっているかを改めて見直したうえで、下半期は上半期以上に想いや理想をどんどん実現していきましょう。

正しい意図のもと、星のエネルギーをうまく利用すれば、半年間でも驚くほどの変化が期待できるはずです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

明日からの半年間も、星々のエネルギーとともに、さらに軽やかに飛躍していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました