Aquarian voice

自然よりも人の方がずっと怖い存在

自然の脅威、という言葉があります。 数々の天災に、その言葉の重みを強く感じたこともあります。 でも、仙酔島の自然の中で過ごしてからは、 自然よりも人の心、 人の悪意の方が怖いと思うようになりました。 誰もいない浜辺で海と空と向き合い、 夜、灯りのない本当...
Event

天才指揮者ロビン・ティチアーティと名門ベルリン・ドイツ交響楽団の豪華オケへ

友人にお誘いいただき、Bunkamuraオーチャードホールで行われた「ロビン・ティチアーティ指揮 ベルリン・ドイツ交響楽団」の来日公演に行ってきました。 天才指揮者と名高いイギリスのロビン・ティチアーティとドイツの名門オーケストラであるベルリン・ドイツ交響楽団...
Essay

【龍神ちゃんと私】龍神ちゃんがやってきた

皆さんは龍神の存在を信じますか? 龍神とは、 ・水の神様 ・八百万の神様のひとつ ・実は神様とは違って眷属 ・いやいや、眷属から昇進して神様になった ・運を良くしてくれる存在 などなど、色々な説明…解釈がされていますが、私は『「龍使い」になれる本』...
Aquarian voice

エナジーランチ~私の幸せが相手も幸せにした瞬間

先日、ランチをしたお店で、とても嬉しいことがありました。そしてそれはその時の私にとって不思議体験、でもありました。 私にとってランチは感情面でのコンディションを整える時間。特に、落ち込んでいる時、元気になりたい時は、それが叶うとっておきのお店まで行ってしまいま...
Essay

神秘の島・仙酔島へのお呼ばれ旅【8】龍神、降臨

「もしかしたらそばに龍神様がいるのかもしれない」 そう思ったのは、仙酔島から帰宅した日の夜、寝る直前のことでした。 仙酔島は龍神の島とも言われていますが、正直、島で「龍神様に会えた!」と思えた瞬間はありません。 島の入口にある、願いを叶えてくれると...
Essay

神秘の島・仙酔島へのお呼ばれ旅【7】閃きの門で大門と宮柱が見えるとき

仙酔島の海岸沿い、彦浦にある「閃きの門」。 普段は見ることができないというこの門は、宇宙の神秘に心を向けたとき目の前に現れ、天と地をつなぐ宮柱とともに現れると言われています。 「大門が開く」=「生まれてきた役割、役目に気づく」ということを意味するそうで、...
Essay

神秘の島・仙酔島へのお呼ばれ旅【6】山散策で無我の境地

仙酔島での2日目は、朝食前に「赤岩展望台」、仙人がつい気を許して寄って寝てしまったという「仙人ヶ浜展望台」、「古代への入口」「宇宙への入口」が近くにある夫婦坂のルートを散策しました。 仙人ヶ浜からの景色。仙人ヶ浜は「天とつながる場所」とも言われていま...
Essay

神秘の島・仙酔島へのお呼ばれ旅【5】日の出を見に山道を

行けたら行きたい、そう思っていた、仙酔島のご来光スポット。 事前に旅館の方にご来光スポットである鳥ノ口展望台までの距離と行くまでにかかる時間、それから日の出の時刻を聞いていたのですが、お天気もあるし、この島には外灯がないので暗い夜道の海岸沿いを歩けるのかもわか...
スポンサーリンク