Essay

神社仏閣参拝で開運【0】氏神様へご挨拶

言わずと知れた開運法「神社仏閣参拝」。 ルナロジー創始者のKeikoさんによると、(今、土星は水瓶座へ出張中ですが)山羊座トリプルグレートコンジャンクションの今年は特に、神社仏閣への参拝が開運アクションになるとのこと。 神社仏閣への参拝で果たして本当に開運でき...
Lucky action

近所のお蕎麦屋さんで出前&テイクアウト~山羊座木星期の蕎麦屋めぐり

山羊座木星期の開運アクションとして始めた、月に1度のお蕎麦屋めぐり。 外出自粛中の今月は、灯台下暗し、ご近所のお蕎麦屋さんの中から、出前やテイクアウトをしてくれるお蕎麦屋さんをチョイス。たぬき蕎麦とかつ丼を自宅でいただきました(2食分…と思っていたけれど1.5...
Astrology

4月15日の天体はハードアスペクト!?何があっても冷静でいる心構えを

昨日の東京は花冷え、と言うには寒すぎる1日でした。そのせいでしょうか、昨日から妙な胸騒ぎがして落ち着かなかったので、ふと気になって天体を確認したところ…。 4月15日(水)の天体図をハードアスペクト…厳しい配置、と見る方が多かったのです。 トランジットホ...
Photo essay

私たちは今、歴史的瞬間にいる

「歴史的瞬間」と聞いてどんなイメージを持つ…? どこか名誉的でポジティブなイメージだけれど、 もしかしたらそれはいいことだけではないのかもしれない。 今、私たちはまちがいなく、 未曾有の事態の最中に、 世界を舞台にした恐慌の歴史...
Aquarian voice

世界26か国で緊急出版される世界初のコロナ文学『コロナの時代の僕ら』に触れて

新型コロナウイルスの感染が広がり、死者が急激に増えていった2月下旬から3月下旬のイタリアで、ひとりの小説家により文学が生み出されました。 イタリアの小説家、パオロ・ジョルダーノ氏によるエッセイ『コロナの時代の僕ら』です。 早川書房の公式サイト(正確にはn...
Astrology

水星が魚座から牡羊座へ移動〜今だからこそできることをする

飲食店の方々が新たな許可などをとってテイクアウトやデリバリーを始めるのを見たり、早朝にランニングをする方、新しく学習を始める方に触発されたのでしょうか。 昨日くらいから、今だからこそできることに気づいて、それをやらなくちゃ、という思いが膨らみ始めまています。 ...
Aquarian voice

共生と共存〜「ウイルスの身になって考える」船橋真俊さん著「表土とウイルス」より

人類至上主義的な考え方をやめる、と心に決めたら舞い込んできた記事。 新型コロナウイルス発生の本質を考えるための情報として、ソニーCSLのメールマガジン「T-pop News No.177」に船橋真俊さんが寄稿した「表土とウイルス」。 新型コロナウイルスに...
Aquarian voice

今の世界情勢とリンクする…?キアヌ・リーブス主演『地球が静止する日』

ここ数日、「『地球が静止する日』を思い出す」という言葉を何度か見聞きしたので観てみました。キアヌ・リーブス主演の映画『地球が静止する日』。 『地球が静止する日』は2008年のSF映画で、原題は『The Day the Earth Stood Still』。小惑...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました