無意識、右脳、野生の勘…感覚で生きることのすごさ

2月24日からスタートした魚座月間。魚座という星座の特性のせいか、ここ数週間、無意識的というか、本能の赴くままにというか、野生の勘、というか…

うまく言えませんが、頭で考える、ということをあまりせずに、感覚で動いている自分がいます。

意識ここにあらず…なんとなく常にぼんやりとしている感じ。

スケジュールを決めていても、その時の気分でまったく関係のないことを始めたり…そう、自分でもよくわからない衝動で動いてしまうんです。

でもこれ、あながち間違っていなくて。左脳には常識や恐怖心などによる制限がある、と聞きますが、頭で考えるとだめなこと、うまくいかないことって意外と多い気がします。

計画を立てて、その通りに行動しようとしても、思ったようには進まなかったり。

でも、無計画でいると、期待もしていなかったような展開となり、流れに乗っているようにスムーズに前進できてしまう。頭を使った考えが入ると、それが却って物事の妨げになってしまう…。

頭で考えることよりも根拠のない感覚の方が優れているんです。

だから、頭で考えるとダメなのかなーと、最近折に触れ思っています。

その一方で、「こうなったらいいな」という思考がわりとすぐに実現して驚くことも多々あって。

タイムラグが少なかったのは、「スーパースプレッターになって誰かにうつして顰蹙買ったら嫌だから在宅ワークにならないかな…」とふと思った1~2時間後に、在宅ワークのお知らせがあったこと。そのお知らせを見て、ついさっきそんな期待をしていたことを思い出し、びっくり。

もっとタイムラグが少なく思考の直後だったのはパン屋さんにて。チョコクロワッサンを買おうか迷っていて、結局買わずにレジに行ったんです。

会計をしているときに、そのクロワッサンがレジの奥に置いてあるのが見え、「やっぱり買えばよかった…」とぼんやり思っていたら、直後に「プレゼントでお渡ししているので良かったら…」と、欲しかったチョコクロワッサンを無料でいただくことになりました。

「欲しいな~(ぼんやり)」→「これあげます」という流れだったので、本当に驚きました。そんなこと、思いもしなかったので、最初、何を言われているのかわからず、店員さんが2度も説明してくれました。

でも、すごく嬉しかったし、なんかすごくツイてるかも、と思った帰り道。

こういうことが頻繁に起こると、自分で舵取りをしないほうが人生うまくいくのではないか、とますます思ってしまいます。

とりあえず今は、もう少し、無意識?右脳?野生の勘…?それらの感覚を頼りに生きてみようと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
皆さまにも心が温かくなるようなプチハッピーが訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました