空が好きで

思えば昔から空が好きだった。

朝、東の裾野に見える、

夕方、西の彼方に見える、

ピンクと紫の空が好きだった。

あの色にはいくつになっても惹かれてしまう自分がいる。

多分一生、あの空の色は好きだと思う。

雲の浮かぶ青空が好きになったのは、もう少し最近。

飛行機の窓から眼下に広がる青雲を見たときだった。

雲があんなに美しいものだと思ったのは初めてだった。

雲の美しさには、光と澄んだ空の青さが必要不可欠。

その3つがそろって初めて、目を見張るような美しさがそこに現れる。

飛行機の窓際に座ると必ず外を見て写真を撮る。

目の前に広がる美しさはなかなかデータに閉じ込められないけれど、

それでも美しさのかけらはデジタルの中にもきらりと宿る。

今では天気の良い日は必ず空を仰ぐ。

空が美しいと、それだけで幸せ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました