飛べない鳥が空を舞う日に~Wings

空を見てふと、思い出す。
この背に翼があったこと。
いつなくしたのか、
どこへいったのか、
そんなことすら忘れてしまった。
ただ、空を仰いでこう思う。
「自分も空を飛べたなら」

飛べない鳥を見て、思い出す。
その背に翼があることを。
翼があるのに飛ばない鳥と、
翼を広げて飛び立つ鳥、
違いは何かと問いかける。
飛べない鳥はこう言った。
「飛び方を知らないから」
「羽ばたくと怒られるから」

空舞う鳥を見て、思い出す。
かつては自分も飛べたこと。
そこには自由があったこと。
だけど翼をもがれ、手段を失い、
空飛ぶ意欲も枯れ果てて、
身体は飛ぶこと自体を忘れた。
空舞う鳥はこう言った。
「背中の翼を広げてみたら」
「その翼は飾りなの?」

背中に触れて驚いた。
なくした翼がまだここにあること。

もげた翼を取り戻したなら、
飛び立つ勇気があるのなら、
背中の翼を広げればいい。
たたんだ翼を大きく広げ、
羽ばたく準備をすればいい。

飛び立つ瞬間、思い出すはず。
飛び方も、
空の広さも、
空舞う喜びも、
果てない自由も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました