欲望のままに生きていたら理想的なライフスタイルができあがっていた

月が牡牛座に戻ってきました。
25度くらいの差がありますが、太陽もまだギリギリ牡牛座にあり、最後の牡牛座月間です。

今月ほど牡牛座を意識…というよりも実感させてもらえた時間はなかったのでは、と思うほど、牡牛座的感覚を体感し、そして価値観の変わった月でした。

そして目からウロコだったのが、まさかのライフスタイルの変化です。改善、というほうが正しいかな。

テレワーク&外出自粛生活がデフォルトとなり、最初は「気合を入れて規則正しい生活をしなければ」と思っていたのですが、頭で考えて事前に決めたことよりも、その時の気分ですぐに行動を変えてしまうのが私の習性(悪い癖)でして…

頭では「やらなければ」と思っていても、身体が言うことを聞いてくれず、規則正しい生活は3日どころか、むしろ1日でもできたかどうかという、なんとも意志の弱い情けない感じで終わりました。

いつもなら延々と「ダメな私」を刷り込み続けてしまうところですが…

その頃たまたま読んだ本の影響(自分を責めず、まずは自分の思考と言動すべてにYESと言う)もあり、牡牛座月間だし、こうなったら欲望のままに生きてみるのもありなのではないか、という結論に至りました。

そして先月末くらいからでしょうか。

仕事や他人との約束(何かを連絡するとか)以外はノープラン、プランを立てたとしても気が向いたときにすればいいことにして、気の向くままに(というか身体の感覚に任せて)生活をするようにしたら、驚いたことに、非常に健康的で理想のライフスタイルをお送るようになっていました。

起きたくなったら起きて、お腹が空いたらご飯を食べて、食べたい物を食べたいだけ食べて、仕事も気が向いたときにやりたいだけやって、何かの衝動に突き動かされたらそれをやって、眠くなったら寝る…それを繰り返していただけです。

それが、気づけば朝は6時前後に自然起床、花の水やりをしてから日光浴と朝の瞑想。それから身体を動かしたい衝動にかられ、ジョグ&ウォーキングを約30分。

お腹が空いたら学習動画を見ながら食事の支度&ご飯を食べて、仕事を終えたら瞑想をして、あとはやりたいことをやる時間。
そして21時過ぎ以降は眠くなったら寝る。
寝る時間が早くなったことで、翌朝目が覚める時間も自然と早くなる。

そうすると、朝、日光浴をしたり、早朝ジョグで自然と触れ合う時間も増え、さらに脳の調子がいい朝に知的活動の時間が増えて、効率もアップ。

欲望のままに行動してどんな自堕落な生活になるかと思っていたら、以前よりも素晴らしいサイクルで規則正しい生活を送ることができていました。

体感覚というのか本能というのか…やはり頭で考える「良いとされていること」よりも、自分固有の感覚を優先したほうが色々良い、ということが発覚した瞬間です。

感覚は自然、脳で考えることは不自然、ということなんでしょうね。

牡牛座月間では五感強化をしたいと思っていましたが、「脳で考えたり思考に基づいた言動をしてしまうから不自然になるのであって、五感は思考以上に優秀に機能するのだから、もっと感覚を優先すべきである」。

今回の牡牛座月間ではそんなことに気づかされました。

本来正しいはずのものである自分の感覚を間違ったものとして認識し、「○○したい」という感覚を「欲望」と名付け、ダメなものと認識してしまったことがそもそも間違っていたようです。

もうすぐ牡牛座月間は終わってしまいますが、外部から刷り込まれた良いとされる「情報」ではなく、「感覚」を通して送られてくる自分の身体の声やメッセージに、これからも耳を傾けたいと思います。

(最近、どんどん自分の思考や考え方が信じられなくなってきている…笑)。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
牡牛座月間ならではの気づきに感謝して(天王星からのギフトだったりして)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました