そろそろ影響ある方も!?6/18から水星逆行始まります

おはようございます。
今日から3日後の6月18日(木)14時ごろ、今年2回目となる水星逆行が始まります。今回の水星逆行は蟹座で起こり、7月12日(日)までの3週間ちょっとの期間です。

私はまだ水星逆行の影響はないのですが、早い方はもう始まっているかもしれません。

今回、気になっているのは、個人的な影響ではなく、社会全体に影響するような大規模なことがまた起こらないかどうかです。

1回目、前回の2月17日(月)〜3月10日(火)の魚座での逆行のときは、ちょうどコロナ禍初期のころで、トイレットペーパーデマが流れてトイレットペーパーが品薄になる、ということが起こりました。(他にもTwitter関連でいくつかデマっぽいことがあった気が…)。

実際にあの後しばらくトイレットペーパーやマスクが手に入らないという状況が続いたので、今となっては本当にデマだったのか定かではありませんが、今もまだ平時ではないので何事もなければ良いな、と思っています(前回は他の惑星とのアスペクトなども関係していたようですが…)。

水星逆行のときに注意したいことはこちら。

【水星逆行のときに起きやすいトラブル】

●交通機関の乱れ
電車の遅延や運転見合わせ、道路の渋滞、航空機の遅延や欠便など

●電子機器のトラブル
パソコンやスマホが壊れるなど通信機器トラブル、メールやメッセの未送信や誤送信・未受信、電波トラブルなど

●コミュニケーショントラブル
ダブルブッキング、ミスコミュニケーション、口論、誤解などなど

一方で、水星逆行のときは「復習や振り返り、見直し」が開運アクションだと言われています。

私は水星逆行期間の約3週間は、人との約束をあまりせず、自宅で自分時間を充実させるようにしています。

自粛解禁となってすぐの水星逆行ですが、他の方のトラブルを見ていて、この期間は大人しくしていた方が楽だな、という実感があるので、面倒を避ける意味でも大人しくしている予定です。

水星逆行は火事で言うならボヤ騒ぎ、のような規模なので、何かがあっても大ごとにはならないとは思いますが…今日あたりから7月12日(日)までは水星逆行中であることを頭に入れながら生活するのがベターです。

人によっても受ける影響は変わってくるので、警戒しすぎるのも良くないのですが…ちょっとした意識が無駄なトラブル回避につながると思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
今回は蟹座での新月&日食&夏至や海王星の逆行などを含む水星逆行期間となりますが、この約3週間が有意義な時間となることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました