やる気・馬力etc…火星in牡羊座のパワフルなエネルギーは今日からの1ヶ月で有効活用を

今日は山の日ですね。
こんな世の中になっていなければ、今年は富士山登山と山頂から御来光を見るのが今年の目標の1つでした。

残念ながら、今年その目標を実現することは叶わなそうですが、縁があれば何があっても叶えることができるので、縁がないのか今はタイミングではないのか…という感じで、そこまでこだわってはいない自分がいます。

代わりに、と言ってはなんですが、先日、ライオンズゲートのピークの日、パワースポットと言われる山の中をトレッキングする機会に恵まれました。

トレッキングは月が牡羊座にある日の開運アクションでもあるので、これは一石二鳥?と思いながら意気揚々と臨んだのですが、この時期に山中に入るのは初めてなこともあり、私、すっかり忘れておりました…この時期は虫がすごいことを!

場の力(パワースポット)と時期の力(ライオンズゲートのピーク日)、Wの力が期待できると思い、エネルギーを充電しまくって帰ろうと思っていたのですが、鬱蒼とした木々の下、薄暗い山中にはハチやセミなど大きめの虫の羽音がそこかしこで聞こえ、なんなら時々接触し、坂道を登るのに疲れて立ち止まれば瞬時に蚊が群がってくる…。エネルギー充電、なんて悠長に言ってられるような場所ではありませんでした…(涙)。

怖すぎてエネルギー充電と気持ちの良いトレッキングは諦め、トレッキング開始3分ですでに限界…となった身体に鞭を打ち、ノンストップ&場所によっては小走りで駆け抜けたところ…去年は2〜3時間かかったトレッキングコースを、なんと今回は45分という早さで終えていました。

最初はコースを間違え短縮経路を進んでしまったのかと思い、地図を見直したのですが、一番長いコースをちゃんと終えていたので、早く出たい(というか虫の群れから逃れたい)という気持ちが勝り、思いがけない早期脱出へとつながったのかなと思います。ああいう時って、どんなに身体が悲鳴をあげ「もう無理」と思っていても、火事場の馬鹿力的に動くものなんですね。(それとも、いつもは脳が限界を決めちゃって本当の限界の手前で諦めちゃっていただけ…?)

去年もこの山のトレッキングは心身の鍛錬になったと思っていましたが、不思議なことに、今年も色々な経験と気づきがありました。

そしてふと、今回のこの火事場の馬鹿力とスピードは牡羊座にいる火星のおかげだったのかも、という思いが頭をよぎりました。道中、周りの景色を楽しむ余裕はほぼありませんでしたが、傾斜のきつい登り坂でも恐怖から常に足は前に進んでいたし、途中、早く下山できる分岐点があっても、自分の決めた道を進むという迷いは一切ありませんでした。

また、想定外ではありましたが、トレッキングの時間短縮は、「この山のトレッキングには大体2〜3時間かかるだろう」という固定観念を壊し、「追い込まれたら思った以上の力が出せる」ということも体験として学ばせてくれました。

山の中に滞在する時間が短すぎてもったいなかったかな…という思いがなかったわけではありませんが、長時間いられる気もしなかったので、今回はこれで良かったのかなと思います。

この火星×牡羊座のパワフルなエネルギーを良い形で享受できるのは、来月9月10日(木)から火星が逆行を始める関係で、一旦今日からの約1ヶ月で終わりとなります。

行動量を増やしたいことや、いつも以上のモチベーションがないとクリアできそうにないことなどは、今日から1ヶ月の間に手をつけ終わらせてしまうのがベスト。今朝はまだギリ月が牡羊座に滞在中なので、牡羊座にいる火星の力を有効活用するのであれば、今朝着手できると理想です。

次の牡羊座での火星の順行は2020年11月14日(土)から2021年1月6日(水)まで。

人にもよると思いますが、牡羊座の火星はかなり使えるので、どうぞ有効活用してくださいね。(ただ、火星牡羊座期間は、がんばればとりあえず「やろう」と思ったことの多くは行動できてしまい、その反面それなりに疲れも出るので、心身を休める時間をきちんとつくることも大切ですよ)。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
牡羊座の火星の力を借りて、今日からの1ヶ月でやりたいことすべてを一旦形にできますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました