人生は自らの手でクリエイトするものなのか、それとも導かれるものなのか

水瓶座満月の前後くらいからでしょうか。
いつから顕著になったのかはよくわからないのですが、「こうしよう」と思って行動したことが、途中から想定外の方向へと進んでいくことが増えました。

言い方を変えると、「思ったとおりの結果が得られない」。「多分こうなるだろうな」「こうなってほしい」と想定したとおりにはならないのです。

私の頭で考えることは、よく言われている例えとしての「宇宙(大いなる存在)」からもたらされるものと比べるとはるかにちっぽけだということが体感として理解はしているので、結果にこだわらず、自分の理想とするものに対してもそれほどの執着がなく、すんなりと手放すことができるようにはなってきたのですが、それでも。

あまりにも想定どおりにいかないことが増えると、周りに振り回され翻弄されているだけのような気持ちにならないこともなく…ちょっと複雑だったりもします。

獅子座新月を明日に控えた今は特に。

なぜなら、獅子座は自分が人生のハンドリングをして、理想の人生を自らの手でクリエイトしていくようなイメージの星座、そしてサイン。

でも、想定外ばかりが起こり、自分に人生の主導権がなく、自分の手で人生をクリエイトできていない今の状態は、「これで本当にいいの?」と疑問に思うことも。

今月に入ってから意識的に立て続けに高エネルギーに触れていること、それから天王星の逆行もあり、エネルギー的にバランスがとれていない可能性はあるのですが、それでも、あまりにも思ったとおりに物事が運ばず、このままでいいのか不安になってきました。

何事もバランスだということはわかっているのですが、

・自分の思ったとおりに行動すること
・見えない存在の導きに従うこと

どっちがいいのでしょうね…?

今の状況を分析すると、

・思い描いた結果にはほぼならない
・何も考えていなかったところから思いがけない方向へ進展する

という、天邪鬼というか、天王星の影響っぽいことが起こっています。

もちろん、悪いことが起きたわけではなく、良いことも多いのですが…思ったことがそのとおりにならないってある意味成功体験の逆をいく結果なので、ポジティブに捉えることができず、難しいなと思います。

第三の目を開きたいとか、龍神ちゃんとコンタクトがとりたいとか…「こうしたい」「ああしたい」って期待しすぎているのかな。

日々起こることに対する解釈に悩む日々。明日は獅子座新月なので、風向きが変わることを祈るばかりです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
宇宙からの導きを常にキャッチしながらも、明日の獅子座新月を機に、きちんと自分の手で人生をクリエイトする力を得られることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました