今日2020年9月29日は社会天体・土星が5か月弱ぶりに順行に!今後の運勢はどうなる…?

今日2020年9月29日(火)14時ごろに土星が順行に転じます。
土星が逆行を始めたのは今年の5月11日(月)なので、5か月弱ぶりの順行です。

今年は山羊座に木星・土星・冥王星の大御所御三家が集っている山羊座イヤー(トリプルコンジャンクション)なので、これで山羊座も最後の最後に本領発揮…!?

と思いきや、冥王星がまだ逆行中なので、トリプルコンジャンクションのエネルギーが最高潮となるのはもう少し先かもしれませんが…冥王星も5日後には順行となるので、そろそろ色々なことの見通しが立ち、先行きが明るくなるのではないでしょうか。

土星は社会天体、ということで、公的なことや仕事などで今まで滞っていたこと、なかなか進展しなかったことなどがこれからスムーズになっていくと予想されます。

例えば上長の承認印が降りないとか役所の申請が降りないとか、そういったイライラモヤモヤがあった方は、ここから一気に事が進む気配。というのは一般的な解釈で、社会的なことでいうと「GoToキャンペーン」がまさに土星順行のタイミングとシンクロしている、と指摘していた方がいましたが、個人的にはどうなるのかな、と様子をうかがっているタイミングです。

それから、土星は権威の権化のような山羊座のルーラーですが(すみません、私のイメージです)、実は水瓶座のサブルーラーでもあります。なのでここから、年末の水瓶座グレートコンジャンクション、そして風の時代への移行の流れが加速していきそうです。

今年は特に、土星が水瓶座入りする前後で、コロナ禍という世界的に大きな変化(?)を余儀なくされたため、土星が社会全体にどこまで効いてくるかは、ベテランの占星術師でもなかなか読めないのではないかと思います。

なので、星を先読みして事前に対策を立てるというよりは、起こる出来事に対して都度フレキシブルに対応していく、というのが良いのかな、というのが、アクエリアンの解釈です。

星読みは、事実の解釈と同じで、その時々のホロスコープは同じでも、人によってその影響や解釈は異なってきます。最終的に、そのホロスコープをどう見てどう生かすか、それが大事。

今回の土星順行も、影響が大きい方、そこまで影響ない方、様々だと思います。
特に土星は社会天体のため、個人レベルで使う惑星として見られてはいませんが、水瓶座のサブルーラーだけあって、少なくとも土星は水瓶座の私には協力的、というか、個人レベルでも様々な恩恵を与えてくれています。そして、天王星のエグさがデフォルトになってしまっているのか、土星は優しいです。吉凶とか厳しいとか試練の星なんて言われていますが、天王星とか冥王星に比べたらもう…。(私は地道にコツコツ…が合わないくらい)。

今日からは土星のエネルギーを借りる気持ちでみんな、新しい時代に向かって進んでいけたらいいですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
土星順行に伴い、これまで滞っていたことがスムーズに、そして土星の盤石なエネルギーが、新しい基盤を築く礎となることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました