【簡単!風の時代適性診断】あなたにとって「風の時代」は生きやすい?生きづらい?

水瓶座グレートコンジャンクション、そしてカレンダー上での風の時代の始まりまであと2週間となりました。(宇宙のお祭り騒ぎ?が始まる射手座新月・皆既日食まではあと1週間!)。

昨日の記事では、私のパラダイムシフト体験談と称して、風のエレメントが7つあり、地のエレメントが皆無の私には地の時代が本当に合わず苦労した、というようなことを書きましたが、

今日は、ネイタルチャート(ホロスコープ)で見る簡易的な「風の時代の適性診断」の方法をシェアしようと思います。

便宜上「適性診断」としていますが、ものすごーく簡単な方法です。簡易的なので、その分ざっくりとはしています。

でも、周りの人で試したところ、あながち間違ってはいないというか、参考になるのではないかと思うので、よろしければやってみてくださいね。

スポンサーリンク

風の時代適性診断①自分のネイタルチャート(ホロスコープ)を調べる

自分がどれくらい風の時代への適性があるのかを知る方法はとっても簡単。

ご自身のネイタルチャート(ホロスコープ)を調べていただき、ネイタルチャートの10天体(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)の星座のエレメントの数(割合)を見るだけです。

すでにわかっている方はその情報をお手元に、これから調べるという方は、より詳細に調べるのであれば、出生時間と出生地もわかっているとなおよし、です(でも、今回は簡易的になので、わからなくても問題はありません)。

ネイタルチャートを調べる方法は色々あるのでお好きな方法で調べていただければ良いのですが、簡単に調べるなら下記サイトが見やすくておすすめです。

Keikoの月星座無料占い【ホロスコープ】
月星座はあなたが自分でも気付いていない心の奥深くに秘めたものを示す指標。いわゆる「星座占い」で使われる太陽星座とともに月星座を理解することであなた自身をより深く理解することができます。

そして、ご自身のネイタルチャートが出たら、10天体の位置する星座を4つのエレメントに分類し、各エレメントに星がいくつあるのかを数えます。

【星座とエレメント】
・火のエレメント(牡羊座・獅子座・射手座)
・地のエレメント(牡牛座・乙女座・山羊座)
・風のエレメント(双子座・天秤座・水瓶座)
・水のエレメント(蟹座・蠍座・魚座)

私の場合、ネイタルチャートの水瓶座に星が4つ、天秤座に3つあるので、風のエレメントは7つ…というふうになります。

このエレメントの割合で、ざっくりですが、風の時代に適合しやすいかしづらいかが、なんとなーくですが、わかるんです。

具体例と一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

風の時代適性診断②適性を見るためには風・土のエレメントに着目

上記の表は、私の知っている人たちのエレメントの割合をまとめたものです。

【1】の列が私です。普通は各エレメントに最低1つは星を持っているようなので、0というのはまあまあ珍しいのかもしれません。(と言いつつ、【3】も地のエレメントが0ですね…身内です・笑)。

地のエレメントに星が皆無で、地のエレメントの性質とは真逆ともいえる風のエレメントに星が7つある私は地の時代が本当に生きづらかったので、このことから、

・風のエレメントに星がない方
・地のエレメントに星が集中している方

は、他の人よりも時代の価値観に合わせる努力が必要というか、今までどおりの感覚で生きてしまうと、途中で苦しくなってしまうかもしれません。

風は少なくても火のエレメントの数が多いようであれば、風と火は相性が良いので、おそらく大丈夫。まずはお持ちの星座や惑星を意識すると良いと思います。

と、こんな感じで、風のエレメントと地のエレメントがどのくらいあるかを見て、その数と他のエレメントとのバランスで風の時代への適性を見ていきます。

風のエレメントに星が1つもないというケースはそんなに多くないと思うので、多くの人が適性はある、と思っていただいて大丈夫かと思います。

また、星が1つもなかったとしても、自分の価値観まで変える必要はありません。時代の価値観と自分の価値観のズレを知らずに生きてしまうことが苦しさを生むのであって、アプローチやアウトプットを変えたり、自分に合う環境で生きていけば、昔の私のように地獄を見ることはないかと思います(のでご安心を)。

スポンサーリンク

風の時代適性診断③4つのエレメントのバランスはどう見る?

風のエレメントの星の数は、多い方が、風の時代への適性がある、と見ることができます。

※この場合の適性というのは、本質的な部分での適性であり、人生に追い風が吹くか向かい風が吹くか…の違い程度です。今までと比べ前に進みづらいとか、風当たりが強くなるなどの変化はあるかもしれませんが、風向きが変わることによって前に進めなくなることはありません。(それに、地のエレメントが多い方は、性格的に、向い風、嫌いじゃないのでは?とも思ったり…)。

また、風のエレメントと相性のいい火のエレメントが多い方も、風の時代に適正あり、と見ていいと思います。

例えば【2】の人は、風より土のエレメントの方が多いのですが、火のエレメントが一番多いので、土のエレメントが優位にならなければ、多分そんなに困らないのではないかと思います。

それから【4】の人は、本人がどう思っているかはわかりませんが、各エレメントにバランスよく星を持っているので、時代の変化やパラダイムシフトの影響はあまり受けない、もしくは気づかないのではないかと思います。(変化を好む人にとっては物足りないかも…?)

私が気になっているのは【6】のタイプの人。風のエレメントが3つ、地のエレメントは4つです。

実はこの人、太陽星座と月星座がそれぞれ双子座・水瓶座なので、今年、特に今はかなり運気は上がっているはずなのに、地のエレメント4つに負けてしまっていて(地のエレメントの価値観に捉われてしまっている)、人生どん底、という日々が続いているようなんです。

このような人は、必要なものを持っているのに、うまく使えず、自ら損する方を選んでしまっているので、地から風への意識的な切り替えが早急に必要だと思っています。地の時代の価値観に捉われたままだと、うまくいくものもダメになってしまうので…

「風の時代は地に足をつけた生き方ではなく、ナウシカのように風(時流)に乗るの!」ということに、どうか気づいて欲しいと思います。

最後に【8】ですが…
この方は、以前、仕事で何度かお会いしてお話をうかがったことがある、テレビなどで今まさに活躍している著名な方です。友人ではないのでプライベートなことは存じあげませんが、地のエレメントが6つもある方らしく、まさに下積みからコツコツ努力を重ね、ここ数年でブレイクしたと聞いています。

エレメントの数だけで見ると、風の時代、生きづらそうに見えますが、少なくともオフィシャルなシーンでは風のエレメント2つをうまく使っているような印象を受けるので、今後、大きな壁にぶつかるときは来るかもしれませんが、意外と平気そう、そんな気がしています。こればかりは個人的なことなので何とも言えませんが…。

スポンサーリンク

生まれ持ったエレメントの数で風の時代の生き方を考える

風の時代の適性診断は、簡易的なものではありますが、適性があるかどうかを確認するだけでなく、自分(の持って生まれた価値観)がどのくらい時代にマッチするのか、風の時代をどのように生きていくのかを考える判断材料の1つにしてもらえれば、と思っています。

私は自分が生まれ持ったエレメントの数と傾向を見て、ドラクエでいうところの戦闘中の作戦を、「命大事に」から「ガンガンいこうぜ」に変更しました。

追い風が吹いているのに受け身ではもったいない、そう思えたからです。

風の時代、パラダイムシフトを顕著に感じるのは風のエレメントと地のエレメントを持つ人だと思いますが、すべての人に言えることは、「とにかく変化を受け入れること」。

どのような変化を受け入れ、何を選び取るのか、その選択の判断基準の1つとして、簡易的な風の時代適性診断がお役に立てば幸いです。

※この記事では割愛しますが、もう少し詳しく適性を見るのであれば、ネイタルチャートを詳細に見ると良いと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
風の時代が、誰にとっても心地よい風が吹く時代となることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました