【転機予報】今日2021年2月8日、水瓶座で太陽と逆行中の水星がコンジャンクション!自己表現の方法を新たに模索するとき

今日2021年2月8日(月)23時前くらいに、太陽と逆行中の水星が水瓶座でコンジャンクションします。

前回、太陽と水星がコンジャンクションしたのは射手座で、2020年12月20日(日)12時半ごろのことでした。

12月22日(火)の水瓶座グレートコンジャンクションの直前、17日(木)の土星入り、19日(土)の木星入りの直後というタイミング。

そのときに水星が太陽を抜き去って先を急ぐ形となったのですが、先を急ぎ過ぎたことにハッとしたのか、水星が太陽と歩調を合わせるために戻ってくる…

なんかそんな様子が浮かびました(ちょっとカワイイw)。

というのも、水星には太陽のキーワードである「意思や目的」を伝えたり、それを実現するための知識や情報の使い方、という役割があるからです。

今年は水星逆行がすべて風のサインで起こり、さらに逆行期間が風のサインの新月に絡むという「2021年だけの特別なルール」が存在しているような動きとなっているのですが、水星のこの動き…

どんな意味があるのかなと思っていたら、風のサインにある太陽とのコンジャンクションがどうやら目的だったようです。

それが指し示すことは、風の時代に合った自己表現の方法(社会活動の方法)を新たに模索し再設定していくタイミング、ということかなと思います。

逆行しているので、立ち止まって考え直す…というような状態に近くなるのかな?

そして、時代が変わったことで社会も移ろいやすい状態にあるから、模索し考え直すタイミングが計3回あり、都度軌道修正していくことができる、という流れになっているのかなと思いました。

今年の水星逆行については改めてまとめようと思います。

そんなわけで、今日のキープラネットである太陽と水星、そして水瓶座のキーワードです。

今回の水星逆行では、水瓶座の分野(キーワード)の面で、社会に向けた自己表現の方法をどうしていくか?を考えると良いのかな、と思います。

●太陽のキーワード
生命力、活力、自我、本質、個性、意思、目的意識、人生の目的、能動、積極性、父性、権威、支配、自分の存在価値、創造性や個性を発揮する方法、など

●水星のキーワード
知識、思考、コミュニケーション、ネットワーク、商業、短期旅行、精神的活動力、才能、仕事、太陽の意思や目的を伝えそれを実現するための知識や情報の使い方、など

●水瓶座のキーワード
自由、改革、合理性、客観性、博愛的、独創的、理論的、先見性、友愛精神、など

それから、今週の星の動きはこんな感じ。

●2月8日(月)水瓶座で太陽と逆行中の水星がコンジャンクション
●2月11日(木)水瓶座で月と金星、月と木星、月と水星(逆行)、金星と木星のコンジャンクション(計4回)
●2月12日(金)水瓶座新月
●2月13日(土)水瓶座で水星(逆行)と金星のコンジャンクション
●2月14日(日)魚座で月と海王星のコンジャンクション

今週は金曜日に水瓶座新月という、2021年最初の(そしてもしかしたら一番重要な)宇宙イベントがあります。

その前日も、前夜祭とばかりに星々がコンジャンクションし(水瓶座に6天体が集中しているのでそうなるのはあたり前ですが)、とてもパワフル。

新月に向け、星たちがパワーアップしているような感じがおもしろいです。

また、水瓶座祭りの週ですが、新月直後から魚座モードが少しずつ強まっていくのも興味深いなと思っていて。

解釈は様々だと思いますが、私は「水瓶座の時代」と「魚座」に似たイメージを持っていて、風の時代の裏テーマは実は魚座のキーワードとイコールなのでは、と思っています。

実際どうなるのかは、社会の動きを見て確認していくしかないのですが、星のエネルギーがどのように地球に反映されていくのか、今週以降が楽しみです。

そしてまずは今日の太陽と逆行水星のコンジャンクションで今後のことを考えつつ、気持ちの整理をしたり、身の回りをスッキリと片付けたり…4日後の水瓶座新月を良い状態で迎えられるよう準備もしておきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

水瓶座での太陽と水星のコンジャンクションで、時代にも自分にも合った新たな自己表現の方法がスムーズに見つかることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました