友人の「パラレルシフト」の話〜人生の分岐点は思いもよらない形でやってくる

ただ今、水星が本拠地・双子座で逆行中。

今年の水星逆行はすべて風のサイン(水瓶座・双子座・天秤座)で起こり、さらに同サインでの新月にも絡むという、何とも意味深な流れを汲んでいます。

そしてこの期間、パラレルシフトなど不思議なことが起こりやすく、思いもよらない転機を迎える傾向があるんです。

私は「ミラクルタイム」と呼んでいるのですが、本当に不思議なことが起こるので、今年2度目のミラクルタイムもとても楽しみにしていました(水星逆行トラブルのことはもうほぼ忘れています)。

そしてその予兆は、太陽や水星、金星が風の星座入りするころから現れ始めることを水瓶座でのミラクルタイムのときに学んだので、今回は最初から予兆をキャッチしようと目を光らせていたところ、なんと。

昨日の記事でも少し触れましたが、その予兆は私ではなく友人に訪れました。

太陽が双子座入りしたころ…だったかな。

友人がまさにパラレルシフトを体験したんです。(正確には現在進行中のため、わかりやすいパラレルシフトとなるかどうかは今後の友人の行動次第ですが)。

ただ、その出来事にはファシリテーターのような形で私も関係しておりまして、私にとってもびっくりな、とても貴重な体験となりました。

友人にシェアOKか確認したところ、「OK」をもらったので、今日は友人と私の不思議体験をシェアしたいと思います。

ちなみにその友人は、今年私がネイタルホロスコープなどを見た1人。

「あなた今年たぶん転機よー」なんて言っていたら、本当にその岐路に立つ流れとなり、言った本人(私)もビックリしております。

私がネイタルなどを見せていただけるのは転機を迎えている方が多いので、以前、鑑定させていただいた方で変化を望んでいる方は、その変化となる機会を逃さないようにしてくださいね。(望んでいなければもちろんスルーでOKです。ただ、逃れられない類の変化は、強制的に向き合わされてしまうと思いますが…)。

スポンサーリンク

「パラレルシフト」とは

ではまずはじめに、「パラレルシフト」について簡単に。

パラレルシフトの定義は色々あるので、いつも迷うのですが、

パラレルシフトとは、「パラレルワールド(並行現実)への移行」というのがわかりやすい解釈かと思います。

最近、ドラマや映画、漫画やアニメなどでも「パラレル」ものはとても多いので、何となくその概念を理解している方も多いのではないでしょうか。

ただ、フィクションでパラレルワールドへシフトする場合、「まったく違う状況」とか「まったく違う自分」になっているなど変化の幅が大きすぎるので、個人的にはそこにちょっと違和感があったりします。

フィクションでドラマティックな展開ばかりを見て「それがパラレルシフト」と認識してしまうと、それ以外の展開や可能性は排除されてしまうので…。

この辺りをどう見るか、どう捉えるかは人によって違う気もしますが、私の解釈としては、実際に日常的に起こっているパラレルシフトというのは、小さな変化が連続的に小出しにされているイメージです。

例えば、

・駅までの道を変えた
・行きつけの店を変えた
・新しく習い事を始めた

これらも、今までの延長上にはない選択をして日常に変化が挿入されているので、私の解釈ではパラレルシフトにあたります。

思考が1つ変わるだけでも、今後の言動は今までとは変わってくるので、思考の変化もパラレルシフトの1つと言えるかもしれません。

「何時に起きて何時に寝るか」「お昼は何を食べるか…」など、人生は常に選択の連続。

「ランチにパスタを食べた現実」と「ランチはおにぎり1つで済ませた現実」があるように、「様々な並行現実がある中でどの現実を選択するか」。

つまり、パラレルシフトは日常的に誰もが経験していることなんです。普段、そういう認識をしていないだけで。

あとは…意味づけ、ですよね。

予想外のこと、想定外のことなどは、比較的パラレルシフトと定義づけしやすい気がします。(大きな変化の場合は「パラレルジャンプ」と言っている方もいるかな)。

そういう意味では、今回ご紹介する事例は、パラレルシフトの例としても、水星逆行期間のミラクルタイムの例としても、思考や発想の幅を広げる、という意味ではご参考になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

友人のハイヤーセルフからの依頼

ここからはスピリチュアルな話になります。

友人の身に起こった話と言いつつ、始まりは私です。

ある朝、電車で移動中に、友人のハイヤーセルフと思われる存在からコンタクトがあったんです。

初めてのことで、しかもお姉系の人格だったので、最初は私のおかしな妄想が爆発してしまったのかと思っていたのですが…

やたらリアルでわりと信憑性もあり…

「こんなことってあるのだろうか」と思いながら、半分(というか8割くらい?)グチを聞きつつ、必要だと思うところは念のためスマホにメモしていました。

そのハイヤーセルフと思しき存在の主張としては、もうかなり長いこと(多分10年以上)、あの手この手で一貫してあるメッセージを友人に送り続けているにも関わらず、毎回華麗にスルーされ、本人もまったく気づいていなくてかなり困っていると。(状態としては、困っているというよりも怒っている感じ…?)

そして、期限があるのか、何か大事なタイミングが近づいているのか、「このメッセージをできれば早急に会って伝えてほしい(早く気づいてほしい)」とのことでした。

ただ、その日は平日でしたし、そもそもそんな謎な話を友人がわざわざ時間をつくってまで聞きたいと思うのか、私が言ったところでそんな話を信じるのか、ずっとスルーし続けてきたことに聞く耳を持つのか…いくつか懸念もあったので、本人にその気があるならば、ということで、とりあえず半信半疑で連絡をしてみたんです。

そうしたら、仕事魔の友人から、「頑張って夜時間をつくる」というお返事が。

一応、私は依頼されたことの第一段階は果たしたので、「あとは私じゃなくてあなたが頑張ることよね〜」と友人のハイヤーセルフに伝えて、一旦そこで終わったんです。

そうしたら夜。

私は駅のホームで落ち合って、受け取ったメッセージを手短に伝える、という形でもいいかな、と思っていたのですが、なんと友人は想像以上に早く仕事を切り上げ、ゆっくりと食事ができる時間を作ってきたのでした(正確には友人と友人のハイヤーセルフの共同作業かもしれません)。

これには、それまで半信半疑だった私も、「これはもしかするともしかするのかもしれない」と思いました。

そして、食事をしながら、朝受け取ったメッセージを伝えたのですが、その時にもビックリしたことがありました。

それは、友人のハイヤーセルフから「休みをとらせたいからおすすめの日を教えてあげて」と頼まれていて、いくつか日にちをピックアップしていたのですが、そのうちの1日をすでに友人が休むつもりで仮押さえをしていたこと。

しかも、「今日とった」と言うからもうビックリですよ。

私、ハイヤーセルフという存在を信じたいけど信じきれていない部分があったのですが、その一件で初めて心の底から信じることができました(と言っても人様の関係なんですけれど)。

そんなこんなで、その日はメッセージを伝える、という役目を果たして終わったのですが、友人のハイヤーセルフからの依頼は実はもう1つありまして…。

それは、エネルギーワーク、「○○ヒーリングをしてほしい」というものでした。

そのことについても、なぜそんなことを言われたのか「???」でしたし、私がしていいものなのか、という迷いもあったのですが…

最終的にヒーリングをして、「必要なことだった」と思えるような流れになったので(しかも私はヒーラーではなくファシリテーター的な感じで、私が何かをしたというよりは、友人がセルフヒーリングをするのを手伝ったという感じ)、「ハイヤーセルフってマジすげー」的な気持ちになったのでした。

この出来事について友人がどう思っていたのか、どう捉えているのかはわかりませんし、そもそもこれは序章というか、もし友人が大きな変化を選択するなら、それはこれからが本番なのですが、

私が友人と体験した、今年の風のサインでの新月を巻き込んだ水星逆行期間特有の、何とも不思議な出来事でした。

この不思議な出来事というのは、全員が体験することというよりは、それを望んでいる人や必要としている人に起こるものなのではないかと思いますが、

水星の本拠地での水星逆行が昨日から始まり、さらには次の双子座新月は金環日食で通常の新月よりもエネルギーが強めなので、不思議なことがあちこちで頻発し始めるかもしれません。

びっくりするようなことが起こっても、「そこから先に展開する未来は選ばない」という選択もできます。が、これから1ヶ月くらいは、目の前に非日常が現れたなら、ぜひその先の未来をのぞいてみてほしいと思います。

そして、ミラクルタイムでの不思議な体験をご希望の方は、ぜひ日常の至るところにあるトリガーをたくさん見つけてみてください。

(ヒントは今月の上旬くらいから起こっていたはずです)。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

それから、この出来事のシェアを了承してくれた友人&友人のハイヤーセルフもありがとう。

双子座での水星逆行、そして新月(金環日食)のエネルギーが、想像以上の幸せな未来へと私たちを導いてくれることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました