【転機予報】今日2021年7月10日は蟹座新月!月のエネルギーで「育み」「癒し解放する」

今日2021年7月10日(土)10時15分ごろ、蟹座10ハウスで新月となります。

月にとって蟹座はホームグラウンド。

今日の新月はいつもよりエネルギーが増しています。

また、新月はスタートのタイミングなので、これからしばらくは引力…引き寄せ力も増しそうです。

ぜひ月の引力をうまく使い、望むものを引き寄せてくださいね。

そして蟹座と言えば、「家族」や「親しい仲間」「心の拠り所」などのテーマがある星座。

今日は大切な人や大切な場所で心穏やかにリラックスして過ごすことが、今日から始まる蟹座新月月間のラッキーアクションになりそうです。

あとは、「これから大きく育てていきたい物事」をスタートするのにも良いタイミングですよ。

スポンサーリンク

2021年蟹座新月について

個人的に蟹座はどうも不得意星座(?)で苦手だったのですが…ここにきて「過去世(過去生)の記憶を思い出して癒す」という点でものすごく刺激を受けています。

私は過去世の記憶に関してかなり強いブロックがあり、そのことが影響して未だに人生に「うまくいかない部分」「どうしても抵抗や拒否が生じてしまう部分」があるのですが、今回の蟹座新月では、そこを解放し癒すようなサポートが入っているのを感じています。

蟹座(というよりは4ハウス)は、見方によっては過去や過去世なども含む領域を司っているので、起こってもおかしくはないんですけど…。

ただ、地の時代から風の時代へと時代が変わったこともあり、今日の蟹座での新月はそのあたりのブロックの解放やヒーリングも重点的(?)にサポートしてくれる気がします。

蟹座や4ハウスに星がある方で、どんなに頑張っても変えられないネガティブなパターンが自分の中にある、と自覚している方は、もしかしたら過去世の記憶や経験が今世(今生)での幸福を阻害している可能性があるので、今日の新月でそのブロックを解除する旨、意図したり願ってみるといいかもしれません。(過去のトラウマ的なものにも効果はあると思います)。

ブロックが強固であればあるほど時間も回数もかかると思いますが…

まっすぐなリボンに1か所硬く結ばれた部分があったとしても、少しずつほぐし、ほどいていくことで、またまっすぐな1本のリボンに戻すことができます。

今日の新月はガチガチの頑ななブロックも、聖母のような優しさで癒しながら少しずつほどいていくサポートをしてくれると思います。

(短期決戦が大好きな私も、今回はうまい具合に小出しで引き出されているので、時間はかかっていますがダメージはほぼありません)。

キーワードはこちら。

蟹座のキーワード
感受性、家族、両親、親子関係、家族のような仲間、生活力、記憶力、模倣力、防衛本能、守る、育てる、愛情を注ぐ、ファミリービジネス、住まい、プライベート、インテリア、フレンドリー、子育て、世話する、妊娠、出産、家族、安らぎ、愛情深さ、故郷、過去 など

●太陽のキーワード
基本性格、生命力、活力、自我、本質、個性、意思、目的意識、人生の目的、人生観、能動、活力、社会的成功、自己表現、自尊心、積極性、父性、権威、支配、リーダーシップ、自分の存在価値、自分らしく生きる方法、創造性や個性を発揮する方法、など

月のキーワード
感受性、気質、感情、内面、情緒、フィーリング、潜在意識、本能、無意識、受動性、反応力、家庭環境、心を満たす欲求、関心、心の安定、女性性、陰性、内省、など

スポンサーリンク

そのほか気になるアスペクト

蟹座での新月以外に、今日のホロスコープでちょっと気になる…というか目立っているのが、獅子座11ハウスでほぼコンジャンクションしている火星と金星。

今日のホロスコープ、新月に絡むアスペクト(天王星と海王星)はいい感じなのですが…

獅子座11ハウスの火星と金星は、水瓶座の土星&牡牛座の天王星とそれぞれバチバチする感じのハードアスペクトをとっております。

個人的には90度も180度もポジティブに「エネルギー強化」としか見ないのですが、このアスペクトを見て思い出したのが、トランスジェンダー関連の海外(アメリカだったかな?)の暴動ニュースでした。

単に、「女性性の象徴である金星と男性性の象徴である火星の獅子座でのコンジャンクション」だけだったら、恋愛でめっちゃ楽しいことが起こりそうとか、運命の相手に出会えそうとか、蟹座の新月と重なっているからドラマチックな恋愛の末に結婚する兆しとか、いい意味で適当な見方しかしなかったかもしれませんが…

●男性性と女性性の象徴のような火星と金星が11ハウス(水瓶座のナチュラルハウス)にある
●水瓶座の土星、牡牛座の天王星(水瓶座の守護星)とハードアスペクトをとっている

なぜそこまで水瓶座にこだわるの…?と聞きたくなるほど、水瓶座的な要素と結びついています。

これはもう性別に関して、水瓶座的「多様性・ボーダーレス」の刺激を入れようとしているとしか思えません。

星のエネルギーに過激に反応してしまうと、私が見たニュースのようになってしまうと思うので気をつけたいところですが…

このアスペクトは、「個人における男性性と女性性を統合する」エネルギーもあるだろうし、運命の出会い→ドラマチックな恋愛→幸せな結婚をしてハッピーエンド、なんて少女漫画的路線もあるだろうし、古い価値観にありがちだった様々な「格差恋愛・格差婚」にも問題提起するなど、良くも悪くも今までの性別や恋愛のタブーを壊してくれるような印象を受けました。

火星と金星の正確なコンジャンクションはもう少し先の2021年7月14日(水)くらいですが、金星が乙女座に移動する7月22日(木)くらいまでは、男と女のあれこれが、様々な形でクローズアップされるかもしれません。

が、個人的には、恋愛におけるネガティブな価値観が自分の中にあるのであれば、それをガラッと変える良いタイミングではないかなーと思います。

(というか、ある意味ここまでわかりやすい星の配置だと、この特殊なエネルギーを逃すことなくうまく使いたい感じです)。

スポンサーリンク

7月の星空情報

火星と金星の話が出たので、最後に、実際に見える星空についても触れておきたいと思います。

火星と金星の正確なコンジャンクションは7月14日(水)くらいと書きましたが、7月12日(月)の水星が蟹座入りする日、夕方くらいに西の空の低い位置で、獅子座で細い月と火星と金星が並ぶ様子が見えるようです(お天気が良ければ…)。

翌日13日(火)には、これまたお天気が良ければ、ですが、火星と金星が大接近している様子が見えるようなので、新月直後の獅子座の月や、金星&火星のエネルギーが欲しいなーという方は、実際に肉眼で見てエネルギーチャージをすると良いと思います。

また、日没後くらいには東の空に魚座の木星と水瓶座の土星も見えるようです。

梅雨は天体観測には不向きな季節ですが、実際に見えなくても星はそこにある(光は届いている)ので、エネルギーを感じてみるだけでも惑星と仲良く(?)なれると思います。

今日から始まる蟹座新月月間も素敵な日々となりますように。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

蟹座新月のエネルギーが、望む現実を引き寄せる大きなサポートとなることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました