【2022年4月の転機予報・今月の星の動き】心機一転!牡羊座新月とともに始まる新たな1か月、そして新年度の幕開け!

おはようございます。
アクエリアンの如月マイゴです。

早いもので、今日から4月ですね。

東京ではあちこちで桜が咲いており、すっかり春めく日々。

そんな4月の初日は、珍しく牡羊座新月とともにスタートします。

今日は牡羊座新月、新年度のスタート、そしてエイプリルフール!

宇宙が「新年度」というタイミングに牡羊座新月を合わせてきたのは何だか意味深です。

ということで、今日はアクエリアン占星術による「4月の転機予報」をお送りします。

★「アクエリアン占星術」は、星が持つ固有のエネルギーや、複数の星たちのケミストリーによって生まれるエネルギーを活用し、そこに私たち個人のエネルギーもかけ合わせることで、望みの実現や可能性にアプローチしていく星読みです。

人の数だけ解釈、選択肢があるので、「自分だったらどの星のエネルギーをどんなふうに使っていくか、どんなふうにアプローチしていくか」ということを考えながら、お読みいただければ幸いです。

スポンサーリンク

2022年4月の傾向と雰囲気

まずは、西洋占星術のホロスコープを使って、今日4月1日(金)の星読み。

【2022年4月1日(金)0時時点での星の配置】
・太陽、月、水星…牡羊座3ハウス
・金星、火星、土星…水瓶座2ハウス
・木星、海王星…魚座3ハウス
・天王星…牡牛座5ハウス
・冥王星…山羊座1ハウス
・Asc…射手座
・Mc…天秤座

月初のホロスコープのポイントは、何と言っても3ハウスに星が5つ、2ハウスに星が3つ集中していること。

特に、今年1年の傾向を2分している牡羊座と魚座、

その牡羊座の星3つ(太陽・月・水星)と魚座の星2つ(木星・海王星)がまるっと3ハウスに入っているのが何とも意味ありげです。

3ハウスは風のサインの1つである双子座のホーム、ナチュラルハウス。

今月、そしておそらく2022年度(今年の4月から来年の3月まで)は3ハウスのキーワードがかなり効いてくると思います。

(というか、スルーしちゃってましたが、先月の春分=宇宙元旦でも3ハウスが強調されていたので、2022年は3ハウス押し、ということですね)。

3ハウスのキーワードには「情報」「伝達」「コミュニケーション」「知識・知性」「兄弟姉妹」「近距離〇〇」などがあるのですが、ハウスは出方がけっこう幅広く、一般的な解釈で予測すると私は合わないことが多いので、気になる方はご自身で調べてそのとき引き寄せたものを採用してみてください。

(私自身、今、3ハウスにまつわる多くのことが舞い込んできていることに、この記事を書きながら気づきました…遅い・笑)。

また、今月は牡羊座新月月間でもあるので、いつも以上にスピーディーにアクションを起こしていきたいところ。なのですが…

行き過ぎは注意が必要、というか、他者への攻撃性、強引さなど、牡羊座の短所のような部分が出てしまわないよう気をつけたいところ。

前進するにしても、Ascの射手座のように、楽観的な無茶、のようなテンションが今月は吉と出そうです。

2週間後の天秤座満月のエネルギーがいい意味で早くから干渉(?)してきそうなので、何事もアグレッシブになり過ぎず、「程よいバランス感」「程よい軽やかさ」は意識しておいたほうがいいのかな、と思います。

そして、冒頭でも触れましたが、今日は新年度の始まり、そして牡羊座新月。

牡羊座も新月も「始まり」の象徴なので、牡羊座新月はいつも以上に「始まり」の意味合いが強調される新月となります。

ですので、今年は2022年4月1日(金)~2023年3月31日(金)の1年も、何かを始めて何かを終える1つの期間とするなど、意識&活用すると良さそうです。

スポンサーリンク

2022年4月の転機予報と太陽系の主な星の動き

続いて、4月の転機となりえるタイミングです。

【4月の太陽系の主な星の動き】
★2022年4月1日(金)牡羊座新月
☆2022年4月6日(水)金星魚座入り
2022年4月11日(月)水星牡牛座入り
2022年4月15日(金)火星魚座入り
★2022年4月17日(日)天秤座満月
☆2022年4月20日(水)太陽牡牛座入り
☆2022年4月30日(土)山羊座で冥王星逆行開始
★2022年4月30日(土)水星双子座入り

【逆行中の惑星】
なし
★8天体順行期間:2022年2月4日(金)~2022年4月29日(金)

今月の転機ですが、全員に共通する大きな星の動きというと、やはり今日の「牡羊座新月」。

月末まで全惑星の順行が継続するので、間違った方向ではない限り、物事を進めやすい状態が続くと思います。

ただ、今年の牡羊座は悪い意味で「行き過ぎ感」が漂っているので(流れ的に仕方がないのですが)、天秤座満月を始めとした要所要所の転機でバランスをとりながら、「これから始まる新たなサイクル」にふさわしいスタートをきっていくと良いと思います。

今月ピックアップする転機は下記3日間。

★2022年4月1日(金)牡羊座新月

前述のとおり、牡羊座×新月で「スタート」のエネルギーがいつもの2倍以上の新月。

さらに新年度ということで、気持ち的にもリスタートしやすいタイミングだと思います。

月は4月2日(土)まで牡羊座に滞在するので、2日までは新月のエネルギーをバッチリ使うことができます(しかも4月2日は一粒万倍日!)。

1~2日の2日間は、まずは「ずっとやりたいと思っているのにできていないこと」に着手しましょう。

たくさんあるなら、できれば全部!

また、年間計画を立てたり、軌道修正するのにも良いタイミングです。

滅多にない前進のエネルギーに満ちた時なので、この2日間はぜひ時間を有効活用してみてください。

★2022年4月17日(日)天秤座満月

牡羊座新月から約2週間後の天秤座満月は、新月からの流れを引き継ぐのであれば、現状の調整をしたりバランスを見直したりするのによいタイミングです。

特に、対人関係に関することは効果てきめん!

となるかはやり方次第ですが、今年の3ハウス押しの流れを見ると、テコ入れが必要な方もいるかもしれません。

あとは、魚座の季節でやりきれなかった心身・環境のクリアリングのリカバーもできそう(これは4月13日(水)くらいから始めてOK)。

でも、春なので…

みんなで集まって華やかに過ごすとか(世の中的にそれができれば、ですが)、恋愛を楽しむとか、内容は何でもいいと思うのですが、気分が高揚することに時間を使ってHappyな気持ちになるのが一番ですね♡

★2022年4月30日(土)水星双子座入り

風の時代のキーサインの1つ、双子座が、今月末、ホームである双子座に帰還します。

このとき、双子座の水星は12ハウスにIN、で、3ハウスに星は入らないのですが、今年は3ハウス押しということもあり、皆さんそれぞれ何かあると思います。

しかも、水星は双子座入りを機に、来月、今年2度目の逆行をスタート。

流れとしてはこんな感じです。

【水星の双子座入りから蟹座入りまでの流れ】
2022年4月30日(土)水星双子座入り①
2022年5月10日(火)水星逆行開始
2022年5月23日(月)水星牡牛座入り(逆行中)
2022年6月3日(金)水星逆行終了・順行へ
2022年6月14日(火)水星双子座入り②
2022年7月5日(火)水星蟹座入り

今年はミラクルタイムはあまり期待できないかな…という流れにはなっていますが、去年のようなマジカルなことは起こらずとも、水星が蟹座入りする2022年7月5日(火)までの約2か月は、何かしらのターニングポイントになるのではないかと思います。

個人的にも、逆行が絡む期間は何か楽しい発見ができたらなーと思っています。

スポンサーリンク

2022年4月にアプローチしやすい恒星

西洋占星術で使用するのは主に太陽系の10天体。

けれども、風の時代は太陽系の星だけでは足りないというか、範囲が狭いと感じます。

西洋占星術は日常生活や現実的なことの遂行には向いていますが、「使命や天命に関連すること」を見るときなどは、西洋占星術よりも恒星占星術のほうが納得感があると私は思っています。

そのため、「アクエリアン占星術」では太陽系外の恒星のエネルギーにもアプローチすることで、可能性の拡大を試みます。

お好きな星、もしくは恒星占星術で出たご縁のある恒星にアプローチする際のご参考に、どうぞ。

相性はあるかと思いますが、恒星は実際に空の星を見ることでもその星の恩恵を受け取りやすくなりますよ。

※恒星は四季の星座でざっくりと分けており、季節の変わり目である今などは冬と春の星の移行期間です。また、天体観測などでは地域によって見えるものが変わりますので、その旨ご留意ください。

※「★」マークは晴れた夜空で見つけやすい星です。

かに座のアキュベンス/アクベンス(Acubens)
南十字星のアクルックス(Acrux)
ケンタウルス座のアゲナ(Agena)
エリダヌス座のアケルナル(Achernar)
★うしかい座のアルクトゥルス/アークトゥルス(Arcturus)
コップ座のアルケス(Alkes)
ペルセウス座のアルゴル(Algol)
おうし座のアルシオネ/アルキュオネ/アルシオン(Alcyone)
★おうし座のアルデバラン(Aldebaran)
オリオン座のアルニラム(Alnilam)
うみへび座のアルファード/アルファルド(Alphard)
ふたご座のアルヘナ(Alhena)
おうし座のエル ナト(El Nath)
★ふたご座のカストル/カストール(Castor)
りゅうこうつ座のカノープス(Canopus)
★ぎゃしゃ座のカペラ(Capella)
★ おおいぬ座のシリウス(Sirius)
★おとめ座のスピカ(Spica)
てんびん座のズベン エシャマリ(Zuben El Shemari)
てんびん座のズベン エルゲヌビ(Zuben Elgenubi)
しし座のゾスマ(Zosma)
かみのけ座のディアデム(Diadem)
しし座のデネボラ(Denebolal)
おおぐま座のドゥーベ/ドゥベー(Dubhe)
ケンタウルス座のトリマン(Toliman)
おとめ座のビンデミアトリックス(Vindemiatrix)
ハト座のファクト(Phact)
★こいぬ座のプロキオン(Procyon)
★オリオン座のベテルギウス(Betelgeuse)
オリオン座のベラトリックス(Bellatrix)
こぐま座のポラリス(Polaris)
★ふたご座のポルックス(Pollux)
おおいぬ座のムルジム(Murzim)
★オリオン座のリゲル(Rigel)
★しし座のレグルス(Regulus)

スポンサーリンク

2022年4月の天体観測情報

最後に、今月の天体観測情報です。

星の存在を知ること、そして実際に星を肉眼で見ることで星のエネルギーの恩恵をより受けることができるようになるため、アクエリアン占星術では天体観測も重要視しています。

星を見なくても受け取るエネルギーは同じ、とおっしゃる著名な先生もいらっしゃいますが、私の経験上、視覚認識したときの受信する側の意識の変化なのか、その星に対しての感度やアンカリング力(?)が高まるため、勉強するよりも、きれいな星空に癒されながら星とコンタクトをとることをおすすめしています。

(もちろん、そんな3次元の物理的な方法を用いなくても、一瞬で星とつながれる方もいらっしゃると思いますが…)。

ですので、以下の天体観測情報は、美しい夜空を眺めながら、好きな星、ご縁のある星にアクセスする方法、星へアプローチする手段の1つとして参考&活用していただければと思います。

もしかしたら星とのアンカリングが強くなるだけでなく、UFOなども目撃できるかも…?

★2022年4月23日(土)「4月こと座流星群」のピーク

夏を代表する星座の1つ、こと座。

こと座を形づくる星の1つであるベガの近くに輻射を持つ「4月こと座流星群」が、2022年4月23日(土)午前4時ごろにピークを迎えることが予想されています。

ベガは恒星占星術では「魅力」や「音楽関連の才能」などを表す星。

恒星占星術のホロスコープでベガが効いている方や、その恩恵を受け取りたいという方は、このタイミングでベガから何か得るものがあるかもしれないので、流れ星のことは留意しておきましょう。

★2022年4月29日(金)30日(土)水星とプレアデス星団のランデブー

4月の下旬から5月の上旬ごろ、夕方、西の空で、水星とプレアデス星団が並ぶところを見ることができます。

水星が双子座入りするころ…2022年4月29日(金)30日(土)が特に見つけやすいそうなので、お天気でしたら夕方は西の空に水星とそのそばのプレアデス星団を探してアンカリングしてみてください。

宇宙人との交流をお望みの方は、プレアデス星団の「良いプレアデス星人」とコンタクトをとるのにもよいタイミング…かもしれません(笑)。

  

2022年4月も、星とのタッグで素晴らしい1か月にしてくださいね。

  

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

2022年4月が、1か月、1年ターム、それぞれの新たな始まりにふさわしいエネルギッシュな時間となることを願って。

  

☆★∞∞∞∞∞∞∞∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞∞∞∞∞∞∞∞★☆★

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました