「レスキュークリアリング」について

こんばんは。
エンタメチャネラー(時々ヒーラー)の如月マイゴです。

リニューアルキャンペーンのセッション内容についてお問い合わせいただきましたので、補足というか、もう少し詳しくご説明させていただこうと思います。

今日は「レスキュークリアリング」について。

「レスキュークリアリング」は、応急処置のように、「今」必要なクリアリングを、短時間でできる範囲で行うエネルギーワークです。

事前に気になることがあるようでしたら、まずはそのことについて見ていきます。

ただ、そこまで大きな問題でなければ何もしませんし、別の問題が見つかれば、同意のもとそちらをクリアリングすることになります。

(私はけっこうどうでもいいことに悩むので、自分でやっても他の方にやっていただいても、思ったのとは違う展開になることがよくあります)。

お任せの場合は、どのような内容のクリアリングになるかはそのときにならないとわかりませんが、この場合は、早急に解決した方がよい問題が出てくることが多いです。

セッション内容の例としては、

人様のセッション内容を勝手にシェアすることはできないので、私が先日、15分くらいで終わるセルフクリアリングをしたときのことを一例としてご紹介させていただきますと…

まず、すぐに見えたのは、ドラクエに出てくるガルーダのような鳥が、私の頭上にあるエネルギーリングのようなもの(?)に足をひっかけて取ろうとしているビジョンでした。

「えーっ! ちょっと! 盗まないでよーっ!!!」と慌ててその鳥を追い払おうとしたのですが…

その鳥はどうやらリングを盗もうとしているわけではないらしく…。

よくよく見てみたら、私の第3チャクラ(みぞおち辺りですね)に鉄の棒のようなものがグサッと刺さっていて、そこに、地面から出ている鎖が幾重にも絡まり、その場から動けないよう捕らえられているようなビジョンが見えました。

しかもそのジャラジャラ巻きついている鎖にはゴブリンみたいな存在までもれなくついていて。

「ギャーッ! 何コレ!!!」という感じでした。

鳥は、動けずにいる私を助けてくれようとしていたのです(頭上のリングにしか触れないため、そこに足を引っかけた模様)。

エネルギーレベルで自分がどのような状況に置かれているのかがわかったので、ここからは原因解明とクリアリングへ。

なぜ、こんなことになっているのか。

これらの原因は、何か?

この鉄の棒&鎖&ゴブリンセットはどうやって消せばいいのか。

すると今度はいくつもの大きな歯車に四方八方から挟まれた兵士の姿が見えました。

どうやらこの兵士は過去世での私のようです。

今と同じような時代の節目、というか、時代の狭間、という表現の方が近いかな?

その時代を生きていたとき、時代の転換期にまつわる何かで命を落としたらしく…

そのときの恐怖やら恨みやらあれこれが呪縛のような形で出て、私を動けなくしていたみたいです。

今動くと、また苦しんで辛い思いをして死ぬかもしれないから大人しくしておこう、という心理、学習能力が発動した、という感じでしょうか。

このころ、がんばってもがんばっても動けない、動かない、そんな感覚が強かったのですが、おそらくこの過去世での体験が動けない原因だったのだと思います。

ビジョン、そして現実に影響していた原因がわかったので、あとはその呪縛のエネルギーを消して、クリアリングは終了。

先日のセルフクリアリングの内容や流れはこんな感じでした。

このクリアリングを行なったのはちょうど牡羊座新月の前日だったのですが、その後の私は牡羊座新月のパワフルなエネルギーもあり、一気に動けるようになりました。

アクティブすぎて、体が追いつかない、と自覚するほど(笑)。

こんなふうに、早急にどうにかする必要があるものに関してはわりと簡単に出てきます。

でも、解決が急務な問題が特にない場合は…あまり納得感のないセッションになってしまうかもしれません、ごめんなさいm(_ _)m

特に、何か期待していることがあると、期待を裏切られることが多いのと(私のことです・笑)、何かに固執していると本当に必要なことに気づけなくなるので、このレスキュークリアリングをする前は良くも悪くも先入観はないほうが良いです。

「レスキュークリアリング」は2022年4月中のお申込みでしたらキャンペーン価格(無料)ですので、ご興味ある方はこの機会にご体験ください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ご縁のある方とお会いできることを楽しみにしております。

  

☆★∞∞∞∞∞∞∞∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞∞∞∞∞∞∞∞★☆★

コメント

タイトルとURLをコピーしました