天秤座での水星逆行の気づきと受難

★☆☆☆☆☆★

今日は絶賛進行中の水星逆行について。

水星逆行については「ミラクルタイム」など、理想論と頭お花畑みたいなことばかり書いている気がしないでもないのですが(風の時代に入ってからは特に)、

現実的な視点も一応は持ち合わせているつもりでおりまして、

今回の水星逆行では、地の時代的(?)トラブルというか、水星逆行の影響がバッチリ出ているなーということに先日ようやく気がつきました。

というか、よくよく考えたら8月から出てた(笑)。

先月はそれこそ人災というか…ある人との縁ができたら具合が悪くなり、縁を切ったら元気になったという、なんともわかりやすい出来事があったのでした。

(他者のエネルギーに敏感になってしまったことは、シルバーコードを復活させたことによる数少ないデメリットかもしれません)。

その後、今月に入ってからも初対面の方と、表面上は円満でしたが私はすごくストレスを感じるコミュニケーションが発生し…。

おかげで自分のネガティブな偏った考え方のクセなどにも気づけたのですが、

でも、ついこの前までは、対人関係で起こったことを水星逆行の影響とは結びつけて考えてはいなかったんですよね、私。

今回はどれも「初対面の人」とのコミュニケーションに「キャー」ってなったので、不運というよりは今後に向けての気づきや学びの機会、と捉えてました。

(そう考えると、星の逆行トラブルって言いがかりというか…都合の悪いことは星のせい、なんてことにしちゃってる感がありますよね)。

でも、今回のことで、地の時代の解釈にもありましたが星の逆行って「軌道修正の一環」と思って真摯に向き合ったほうがいいのかなー、なんてことも思いました。

……私は大の苦手である「人間関係」について、これから向き合っていかなければならないですからね(白目)。

そうそう、逆行の影響で1つ、気づいたことがあるのでした。

それは、逆行の影響を受けるタイミング。

水星の場合だと、大体1週間前とか1ヶ月前とか、星座や他の星とのアスペクトによって都度変わるものの、影響が発生する起点はやはり地球から見て動きが逆になるタイミング(逆行開始の日時)なのだとばかり思っていましたが、違いました。

起点は「自分」でした。

コレ、お尻を合わせているというか…自分にとって軌道修正が必要な場合に、それに要する期間を逆算して、そこから逆行の影響が出始めるイメージだったのです。

軌道修正が必要なときや必要なことは、軌道修正にかかる期間を逆算したところから始まっていたんですね。

つまり今回は水星逆行が終わる10月頭くらいまでに終わるよう、8月くらいから課題への取り組みが始まっていたということ。

これ、どの星の動きだったかは忘れちゃいましたが、少し前にも同じようなことを感じたことがあったので、多分そういう相関関係なのだと思います。

あくまで私の場合は、ですけど。

なので、軌道修正にかかる期間がたくさん必要なときは早くから影響が出始める。

そして、必要がなければ悪影響は出ない。

やっぱり私は星読みをしてもバイオリズムというか、エネルギー作用や物理的反応が気になるみたいです。

某偉人たちのように、数学的解釈や物理法則を理解できる天才的な脳みそがあれば、「アクエリアン占星術」ももっとクレバーに説明できるようになるんだけどな…。

写真は、あまりきれいに撮れていないけれど、私の好きなラベンダー色の空。

私はこの空の色が最高に好みなのですが、どこかの誰かには不吉な空の色なのだそうです。

★☆☆☆☆☆★

☆ ★ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ★ ☆ ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました