2023年に向けた準備~新手帳「CITTA(チッタ)」と「FOCUS EiTO(フォーカスエイト)」のワーク

★☆☆☆☆☆★

もう10年以上になるのかな、手帳はずっと「アクションプランナー」だったのですが、来年からは新しい手帳を使ってみることにしました。

ヨガスタジオCITTA(チッタ)のオーナー・青木千草さんの「未来を予約する手帳 CITTA DIARY(チッタダイアリー)」。

手帳を変えた理由はいくつかありました。

・手帳を探していたわけではないのに、なぜかこの手帳の情報が目に入った
・ここ1、2年、アクションプランナーを使い続けることに違和感を覚え始めていた
・ふらっと立ち寄ったロフトで1冊だけCITTAのピンクが残っていた
・今の私のターニングポイントとなる10月始まり(天秤座新月始まり)だった
・星読み的に要チェックの2025年までのカレンダーが付いている
・わくわくすることがわからなくなっていたので、毎月の「わくわくリスト」が気になった
・アクションプランナーを使い始めたころからの様々な流れが終わりになるから手帳も変え時だと思った

書籍も2冊出ているので読んだのですが、時間管理術や手帳術としては「アクションプランナー」と似ている点が多いな、という印象でした。

だからそれほど目新しさはないのですが、アクションプランナーとの大きな違いは使い始めるのがものすごく楽しみなこと!

なぜかわからないのですがとにかく楽しみで、これがCITTAの魅力なのかもな、と思っています。

それから、ヨガの教えに基づいたメソッドは、かれこれ15年くらいヨガを続けている身としてはおもしろく、実践するかはおいといて(笑)貴重な学びでした。

そして、もう1つ迷った手帳が、小中澤貴子さんの、人生が整う、頭の中と心の中を繋ぐ人整(じんせい)手帳「FOCUS EiTO(フォーカスエイト)」。

こちらも情報断ちをしていたのに向こうから情報がやってきた感じで、調べてみたら、自分の人生にフォーカス&コミットできそうなワークが豊富で気になっていました。

先にCHITTAと出会ったのでFOCUS EiTOは買っていないのですが、公式サイトにオリジナルワークが紹介されていたのでワークだけやってみました。

これ、自分の棚卸しにすっごく良かったです、おすすめ。

ワークの内容はこんな感じ。

【FOCUS EiTO(フォーカスエイト)」のオリジナルワーク】

★手帳と自分の約束~どんな手帳の使い方をするか?
★1年後、手帳を使い終わってどんな自分でいたいか?
★ライフイベント(2023年の12か月と2032年までの10年間分)
★ビジョンマップ
★人生のゴールとテーマ3つ
★今年のゴールとテーマ3つ
 ・ゴールをクリアしなければいけない理由
 ・ゴールをクリアしたとき何を思い、何を感じているか?
 ・ゴールクリアに向けどう行動してゴールをクリアしたか?
★バランスシート(それぞれ「現在」「行動プラン」「願望」を書く)
 ・家族、パートナー
 ・お金、経済
 ・健康、美容
 ・人間関係
 ・仕事、キャリア
 ・遊び、楽しみ
★自分取扱説明書(成功パターン、失敗パターン/3つの成功体験、3つの失敗体験)
★バケットリスト
★ガントチャート、ハビットトラッカー
★今月のワーク
 ・今月のゴール
 ・今月のテーマ3つ(行動プラン、振り返り)
 ・今月のリスト(やりたいこと、行きたいところ、手に入れたい感情、捨てる感情/行動プラン、振り返り)
★理想の1か月
★理想の1週間
★2022年、2023年の振り返り
 ・自分と向き合いどんなことを思い何を感じているか?
 ・今の人生で感謝できることは何か?
 ・2023年、2024年は何を続け、何を変え、何を新しく始めるか?

詳細はこちら。
https://focus-eito.com/about/

文字にして打ってみたらまあまあなボリュームでした(笑)。

全部で14コくらいあるのかな?

「自分の人生にしっかりフォーカスする」というコンセプトがいいなと思います(買ってないけど)。

私は紙に書き出したので5時間かかりましたが、集中してやったのでだいぶ頭の中が整理されました。

そうそう、ちょうどこのワークをやっていた時に、これまたたまたま手帳術の動画を見ていたら、1本だけみんな大好き・並木さんの動画が出てきたので気になって見ましたところ(普段は見ない)、

2022年9月23日(金)の秋分から2022年12月22日(木)の冬至までの3か月で「これからどういう人生を生きたいか?」を設定する、意図する・明確にしておくことが大事なのだとおっしゃっていました。

秋分がまた大きな分岐点になるとのこと。

この「どういう人生を生きたいか?」を設定する上でも、フォーカスエイトのワークはおすすめなので、お時間あったらぜひ紙に書き出すスタイルでやってみてください。

★☆☆☆☆☆★

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

2023年の上昇気流(乱気流)を乗りこなすためにも、今のうちにできることはしっかりと準備しておきたいですね。

☆ ★ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ★ ☆ ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました