「Earth Quest(アースクエスト)」地球の謎を探る旅

こんばんは。
如月マイゴです。

何となく気持ちの整理がひと区切りついたので、今日はブログ的な感じで書いていこうと思います。

☆☆☆☆☆

7月末…8月ごろから始まった大規模リセットの流れ。

それは今も続いているのですが、2ヶ月くらいうだうだしながら、

「私が地球でやりたかったことは何だろう?」
「今死んだらどんなことを後悔するだろう?」

ということを折に触れ考え、自問自答していたら、

ようやく「地球でやりたかったこと」みたいなものがぼんやりと輪郭を持ち始めてきました。

その1つが「Earth Quest(アースクエスト)」。

「地球の探求、謎解き」です。

(「アースクエスト」でググると仙台のシーカヤック&SUPの会社が出てきますが、これのことではありません)。

今わかっているキーワードとしては「経験すること」「シナリオ」もあるので、アースクエストが最終的な目的ではないとは思うのですが、

私の過去の動向を分析してみても、今現在の興味関心ごとを紐解いてみても、

「地球の仕組み」がとにかく気になっていて、「なぜそうなるのか」に興味があるみたいなんです。

人間の体の仕組みや脳の仕組みについて、

地球の二元性について、

人の感情と地球のエネルギーの関係性について。

色々なもののエネルギー反応、ケミストリー、思考や想念からの現実創造の過程なんかも気になる。

とにかく、地球の事象・現象って不思議がいっぱいだから、その謎を解き明かしてみたいというか…知りたいんですよね、何がどうなってそうなるのか、その仕組みを。

こんなふうに書くとそれこそ異邦人みたいですけど(笑)。

地球バージョンの私のブループリントはまっさら、何も書いてなくて、宇宙バージョンのブループリントの方に色々と書いてあるようなので、

地球視点ではなく宇宙的視点で「地球でやりたかったこと」を考えた方が、私にはわかりやすかったみたいです。

謎解きと言えば、最近、「歴史の勝者が書いた、その人たちに都合のいい教科書」には載っていないもう1つの歴史(=私たちが学校で習ってきたこととは違う、裏のシナリオのような歴史)に触れる機会が続いていて、

歴史の真偽や、現代の私たちがまんまと陥っているトリックやカラクリの謎も解き明かしてみたい気持ちがあります。

(歴史の真偽を知っても、それをどうこうしたいという正義感のようなものまではありませんが)。

そうそう、余談ですが、天秤座新月からスタートしている「日々の楽しみ」にプラスして「地球の不思議探求」や「地球での楽しい体験」にフォーカスして過ごし始めたら、

日々のスケジュールが交通整理されたようにきれいにデザインされていく、ということを体験しています。

1日の幸福感度も明らかに高まりましたし、これが噂の「人生がスムーズな状態」というやつなのかなと。

昔に比べ、最近はわりとスムーズになってきたと思っていましたが、今までとはレベルが違い、今までは全然スムーズじゃなかったことにも気づきました(笑)。

目的どおりの人生を生き始めると不思議とそういうことが起こるようです。

  

「地球でやりたかったこと」。

「生きているうちにやらなかったら後悔すること」。

後日、改めて記事化しようと思っていますが、先日あるイベントで「大きな災害が起こる可能性」について聞きました。

実際どうなるかは誰にもわからないことですし、日本沈没レベルの大災害ならどうこうあがいたところで…ですし、

私は大災害のないルートを生きたいので悪い未来の想定も備えもしてはいないのですが、

「いつ人生が終わっても後悔のない生き方を」ってよく聞くアレ、今はかなり重要なのではないかと思います。

それくらいの覚悟が必要、というか、それくらいの意識の変化がないと、年末から来年にかけて現れる分岐点で、自分にとって本当に正しい道を選ぶことができなさそう。

このサイトに定期的に遊びに来てくださっている方、たまたまこのブログを見てくださった方は、何か共通点があると思うので、

「自分の生きる意味や目的」含め、冬至までに色々とクリアにしておくと、毎日が、来年が、もっともっとおもしろくなるのではないかと思います。

What is the purpose of your life?

良かったら今一度考えてみてくださいね。

  

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

地球は天国。

地球は地獄。

どっちも現実。

じゃあ、どっちを生きる?

  

☆ ★ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ★ ☆ ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました