【2023年上半期の転機予報】月別の主な星の動きと星の声

おはようございます。
アクエリアンの如月マイゴです。

今日は、アクエリアン占星術による「2023年上半期の転機予報」をお送りいたします。

今後のご参考になれば幸いです。

※時間の記載をしておりますが、時間は大体の目安としてご覧ください。

※今回は星の合(コンジャンクション)のタイミングも記載しています。星のエネルギーを細かく活用したい方はそのタイミングもご参考ください。

スポンサーリンク

2023年はどんな1年になる?

2020年末、水瓶座でのグレートコンジャンクションが起こり、その前後で世界は大きく変わりました。

その大変革から2年が経ち、2023年からはまた風の時代の本格化を目指すように、星たちが大きく動き出します。

それが地球に、世界に、社会に、私たち人間にどのような影響を及ぼすのか、これからどんな世界になっていくのか――それは私たちの捉え方次第です。

目の前で起こる出来事に対してポジティブな意味づけをするのかネガティブな意味づけをするのか、答えはただそれだけなのです。

そして「その時」はもう始まっています。

  

2023年は3月を中心に展開していく1年です。

上半期は、特に「3月まで」と「5月から」が大きなターニングポイントとなります。

この3月までのターニングポイントへの流れは去年の年末からすでに始まっており、1月からは大変革への動きが水面下で本格化していくでしょう。

そしてこの上半期の半年間をどう過ごすか、どんな選択を積み重ねていくのかで、2023年下半期の流れ、運勢も変わってきます。

星の動きと、そこに合わせて仕掛けられる様々な思惑に翻弄されることなく、「自分の道・人生」を進んでいきましょう。

  

2023年の転機予報(簡易版)はこちら。

スポンサーリンク

2023年1月の星の動きと転機予報

2023年1月の星の動き

☆2023年1月1日(日)14時半前 冥王星と金星が山羊座でコンジャンクション
☆2023年1月3日(火)11時過ぎ 金星水瓶座入り
☆2023年1月7日(土)8時過ぎ 蟹座満月
(2023年1月7日(土)22時前 水星と太陽が山羊座でコンジャンクション)
★2023年1月13日(金)5時半過ぎ 火星が双子座で順行開始
★2023年1月18日(水)22時15分ごろ 水星が山羊座で順行開始
☆2023年1月18日(水)23時30過ぎ 冥王星と太陽が山羊座でコンジャンクション
★2023年1月20日(金)17時30分ごろ 太陽水瓶座入り
★2023年1月22日(日)6時前 水瓶座新月
★2023年1月23日(月)8時過ぎ 天王星が牡牛座で順行開始
☆2023年1月23日(月)7時過ぎ 土星と金星が水瓶座でコンジャンクション
☆2023年1月27日(金)11時半ごろ 金星魚座入り

2023年1月の星の声

年末から山羊座で水星が逆行し、年始は水星逆行の真っ最中=「ミラクルタイム」。

なので、1月は、というより2023年は、「いつもと同じ」ではなく「いつもとは違うことを楽しむ」気持ちや感覚を大切にして。

ただ、今年、特に上半期はイレギュラーが多発する可能性大なので、変化へのウォーミングアップにはよいのではないかと思います。

そして月の後半、太陽の水瓶座入り&水瓶座新月&天王星の順行開始ぐらいから、わかりやすい形で冥王星の新サイクルへとつながる新たな風が吹き込んできそう。

冥王星と水瓶座のタッグ…どんな形で地球に変革をもたらしてくれるのかを楽しみにしつつ…

「冥王星を人の力が及ばない星」だと定義したのは人間なのだということを忘れてはいけないな、とも思います。

2006年に惑星から準惑星に降格した、月よりも小さいサイズの冥王星。

果たして冥王星にどこまでの力があるのでしょう…?

そしてもし何かが起こるとするならば…それは「誰」によるシナリオなのでしょうか?

生き方のスタンスなどによっては年始から翻弄される方もいるかもしれませんが、下旬の天王星の逆行が終わると、4月末の水星逆行が始まるまで、逆行している惑星がないという「スムーズ期間」に突入します。

これは、乱気流の最中の1本筋の通った軸になると思うので、周囲に振り回され始めたら、8天体の惑星の順行のエネルギーにつかまるようにすると安心です。

スポンサーリンク

2023年2月の星の動きと転機予報

2023年2月の星の動き

★2023年2月4日(月)11時半過ぎ 立春
★2023年2月6日(月)3時半ごろ 獅子座満月
(2023年2月11日(土)2時過ぎ 冥王星と水星が山羊座でコンジャンクション)
★2023年2月11日(土)20時15分ごろ 水星水瓶座入り
(2023年2月15日(水)21時半前 海王星と金星が魚座でコンジャンクション)
(2023年2月17日(金)1時45分ごろ 土星と太陽が水瓶座でコンジャンクション)
★2023年2月19日(日)7時半ごろ 太陽魚座入り
★2023年2月20日(月)16時過ぎ 魚座新月
★2023年2月20日(月)17時前 金星牡羊座入り

2023年2月の星の声

1月3月と比べると、2月は目立った星の動きがありません。

が、だからこそ、気を抜けないというか、星たちに試されたり問われる機会が多くなりそう。

まず、月初は立春があります。

立春をスタートのタイミングにしている方は、ここで心機一転、気持ちを切り替えたいところ。

また、獅子座満月では「自分らしく生きているか」を再確認して、できていないようであれば、太陽の魚座入りまで、もしくは来月の春分ごろまでに何かしらの対策を講じておくとよいでしょう。

そして2月下旬の太陽魚座入り。

西洋占星術では太陽のサイクルの締めくくりのタイミングですが、天文学的には春分にあたる日です。

なので、太陽の魚座入りから春分までを、太陽サイクルでの1年のスタートとするのもありかな、と思います。

それから、魚座新月とほぼ同じタイミングで、ここ最近ずっと先陣を切って進んでいる金星が牡羊座入りし、新たなサイクルをスタートさせます。

吉星である金星の影響はわかりづらいのですが、今の金星はかなり重要なので、このタイミングで金星にアンカリングしておくことをお勧めします(イメージとしては、今は金星と火星の役割が逆転している感じ)。

スポンサーリンク

2023年3月の星の動きと転機予報

2023年3月の星の動き

☆2023年3月2日(木)14時半過ぎ 木星と金星が牡羊座でコンジャンクション
(2023年3月2日(木)23時半ごろ 土星と水星が水瓶座でコンジャンクション)
☆2023年3月3日(金)8時前 水星魚座入り
☆2023年3月7日(火)20時半過ぎ 乙女座満月
★2023年3月7日(火)22時半ごろ 土星魚座入り
(2023年3月16日(木)8時半過ぎ 海王星と太陽が魚座でコンジャンクション)
(2023年3月17日(金)2時過ぎ 海王星と水星が魚座でコンジャンクション)
☆2023年3月17日(金)7時半ごろ 金星牡牛座 入り
(2023年3月17日(金)19時半過ぎ 水星と太陽が魚座でコンジャンクション)
★2023年3月19日(日)13時半前 水星牡羊座入り
★2023年3月21日(火)6時半前 太陽牡羊座入り/春分
★2023年3月22日(水)2時半前 牡羊座新月①
★2023年3月24日(金)0時半前 冥王星水瓶座入り
★2023年3月25日(土)20時半過ぎ 火星蟹座入り
(2023年3月28日(火)15時45分ごろ 木星と水星が牡羊座でコンジャンクション)
(2023年3月31日(金)7時半ごろ 天王星と金星が牡牛座でコンジャンクション)

2023年3月の星の声

3月はとにかくエネルギーの転換期が凝縮された1ヶ月となります。

ただ、この変革に伴う影響は去年の年末から少しずつ出始めているので、急に何かが起こって世界が変わる、というような出来事は起こらないかもしれません。

もしくは、世界中の人が驚いても自分は驚かない、というようなこともあるかもしれません。

いずれにせよ、3月はある種の勝負月となるため、自分の勝利を勝ち得るための行動は1月から始め、3月も継続するのが◎。

星の動きとしては、まず3月2日(木)の牡羊座での金星と木星の吉星コンビのコンジャンクション。

幸先の良いスタートをきるためにも、ぜひこの日のエネルギーは受け取っておきたいところ。

そして3月7日(火)、2年前、世界に新たな風を巻き起こした土星のサイン移動があります。

水瓶座を出て12星座最後の魚座へ入るため、30年弱の土星のサイクルの締めくくりとなる期間がここから始まります。

気になるのが、土星のサイン移動とほぼ同じタイミングで、魚座の対極となる乙女座で満月となること。

星たちがここで何を意図しているのか…私には満月がストッパーになるイメージがあるのですが、これは実際に状況確認するのが一番かもしれません。

その後、3月19日(日)に水星も牡羊座入りし、新たなサイクルをスタートさせます。

そして3月21日(火)の太陽牡羊座入り&春分を皮切りに、2023年3月22日(水)に1回目の牡羊座新月(今年は牡羊座新月が2回あります)、2023年3月24日(金)に冥王星の水瓶座入りと、今年一番のエネルギーが大きく変わるタイミングが続きます。

もしこの時期にカオス、パニック、混乱するような状況に陥ったときは、双子座の火星にサポートを依頼するのがおすすめ。

不要な情報等に惑わされないよう守ってくれるはずです。

ただ、冥王星の移動を見届けてすぐ、火星も3月25日(土)に蟹座入りし、おそらく7か月以上の双子座でのイレギュラー対応での疲れをとるかのように休息モードに入る気がするので、ヘルプは早め&事前にしてくださいね。

スポンサーリンク

2023年4月の星の動きと転機予報

2023年4月の星の動き

☆2023年4月4日(火)1時半前 水星牡牛座入り
☆2023年4月6日(木)13時半過ぎ 天秤座満月
☆2023年4月11日(火)13時45分ごろ 金星双子座入り
(2023年4月12日(水)7時過ぎ 木星と太陽が牡羊座でコンジャンクション)
★2023年4月20日(木)13時過ぎ 牡羊座新月②&金環皆既日食(日本では部分日食)
☆2023年4月20日(木)17時15分ごろ 太陽牡牛座入り
★2023年4月21日(金)17時半ごろ 水星が牡牛座で逆行開始

2023年4月の星の声

怒涛の3月が終わり、4月は少し落ち着くかしらと思いきや、絶賛調整のタイミングとなりそうです。

というのも、今年2度目の牡羊座新月がやってくるからです。

しかも、7月にドラゴンヘッドが牡羊座に移動するため、この日はディープな金環皆既日食(日本では部分日食)。

前進を阻んでいる問題や課題解決のための出来事が起こりそうな予感しかありません(笑)。

また、月末には2023年2度目の水星逆行が始まり、ミラクルタイムだけでなく、場合によってはこちらも変化の調整役として機能しそう。

通常であれば、4月はフレッシュでエネルギッシュな時期ですが、今年は進む道によってはそういう雰囲気にならないケースもありそうです。

スポンサーリンク

2023年5月の星の動きと転機予報

2023年5月の星の動き

★2023年5月2日(火)2時半ごろ 冥王星が水瓶座で逆行開始
(2023年5月2日(火)8時15分ごろ 水星と太陽が牡牛座でコンジャンクション)
★2023年5月6日(土)2時半ごろ 蠍座満月&半影月食
☆2023年5月7日(日)23時半ごろ 金星蟹座入り
(2023年5月10日(水)5時前 天王星と太陽が牡牛座でコンジャンクション)
★2023年5月15日(月)12時半ごろ 水星が牡牛座で順行開始
★2023年5月17日(水)2時半前 木星牡牛座入り
★2023年5月20日(土)1時前 牡牛座新月
☆2023年5月21日(日)0時半ごろ 火星獅子座入り
★2023年5月21日(日)16時過ぎ 太陽双子座入り

2023年5月の星の声

5月も2023年上半期の大きなターニングポイントの1つです。

まず月初、5月2日(火)の未明に冥王星が逆行を開始。

今はまだ冥王星の水瓶座入りがどの程度の影響があるのか、もしくはまったく影響がないのか(笑)わかりませんが、早くもここで一旦調整が入るような流れとなります。

それから間を置かず、5月6日(土)には冥王星のナチュラルサインである蠍座での半影月食。

ここでも宇宙の意図が見え隠れする動きが入ります(いや、隠れてないか)。

前半は水星逆行も絡む動きとなるので、5月もいつもとは違った状況を楽しめるマインドが吉と出る、といった感じでしょうか。

そして水星が順行に戻ったと思ったら、5月17日(水)に木星が早くも牡牛座入り、その直後、5月17日(水)には牡牛座での新月…。

5月もまあまあディープですね(笑)。

3月に水瓶座入りした冥王星が逆行を始めて山羊座入りへと動き、木星が牡牛座での1年をスターとさせるということで、5月も大きなターニングポイントとなります。

ただ、3月のインパクトと比べると地味なイメージは否めないかな。

また、5月21日(日)には太陽が双子座入りするのですが、天文学的にこの日は夏至のタイミング。

勢いがほしい方はここから1ヶ月を夏至だと思い、精力的に動いてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

2023年6月の星の動きと転機予報

2023年6月の星の動き

☆2023年6月4日(日)12時半過ぎ 射手座満月
(2023年6月5日(月)4時45分ごろ 天王星と水星が牡牛座でコンジャンクション)
☆2023年6月5日(月)23時前 金星獅子座入り
★2023年6月11日(日)15時15分ごろ 冥王星山羊座入り
★2023年6月11日(日)19時半前 水星双子座入り
★2023年6月18日(日)2時半過ぎ 土星が魚座で逆行開始
☆2023年6月18日(日)13時半過ぎ 双子座新月
☆2023年6月21日(水)23時58分ごろ 太陽蟹座入り&夏至
☆2023年6月27日(火)9時半前 水星蟹座入り

2023年6月の星の声

6月になるとようやく落ち着きそうかしら、という感じですが、逆行中の冥王星が山羊座に戻ったり、魚座の土星が逆行を始めたりと、落ち着くというよりは大きく変えた何かを慣らしていくような時期に突入するイメージです。

6月は夏至がありますが(天文学的には5月)、太陽の最高潮のエネルギーを活用するには強く意識する必要があるかもしれません。

また、6月は、2023年下半期を決めるターニングポイントでもあります。

ここまでの選択がしっくりこなくても、6月の選択で軌道修正することで、下半期をイメージ通りに進んでいくことができると思います(そのための冥王星と土星の逆行だと思うしね)。

ここまで私が星の動きを転機として取り入れているのは、成長&進化するタイミングと軌道修正のタイミングを増やしたいから。

自分に必要なエネルギーとタイミングで転機をうまく活用して、何が起こるかわからないパルプンテのような2023年上半期を楽しい半年間にしていきましょう。

  

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

2023年上半期、星の動きや世界情勢に翻弄されることなく、星の声とリズムに自分の望みを重ね合わせ、常に目の前に最高の道ができると意図し、それが実現していくことに感謝をこめて。

  

2022年から2026年の転機予報はこちら。

☆  ★  ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love, smile and miracle!
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞  ★  ☆  ★
タイトルとURLをコピーしました