Dear Grandma

予兆は、あったんだと思う。

いくつかの胸騒ぎは、
あの日と同じ1本の電話で確信になった。

でも、予想していたわけでは、決してなかった。

ずっと灯っていたあの灯りの下、
実感はないのに涙が出て、
自分の感情がよくわからなくなっていた。

その後静かに消えた光が、
何だかとても寂しかった。

思えば、ふわりとして、優しさそのものの人だった。

親族の中で私の一番の理解者だった。

両親よりも、母よりも、心を許せる存在だったかもしれない。

仕事の話、結婚の話をしたのはあなただけ。

思えば、あなただけが私に結婚するよう、言ったんだったね。

真っ直ぐに、私の生き方を素敵だと言ってくれた。

羨ましい、と言ってくれたこともあった。

晩年は、その姿を通して、

生き方を、生きる意味を、

考えるきっかけをくれた。

いろんな関係性が、
あなたと私の間にはあったね。

あたり前のように思っていたけど
あたり前ではなかったこと、
今になってようやくわかったよ。

さよならは言わない。

またつながれるような気がするから。

でも、冥福は、祈ってる。

今まで、ありがとう。

You are the best.
I won’t forget you.

Dear Grandma.

コメント

タイトルとURLをコピーしました