怒りをこらえたら優しさに出会った

今月の中旬、怒りすぎて体調を崩しました。

もともと怒りっぽい気質ですが、あんなに激昂したのは久しぶり。気分は悪いし、それで免疫力が低下したのか、わかりやすく体調が悪くなったので、「自分のために怒るのはもうやめよう」と思ったばかりでした。

が。

おかしなことには「おかしい!」と怒りを覚える性格らしく…今日また怒りたくなる出来事がありました。

先日の一件があったので、今回は自分のためにも大人の対応を、と思い、何か美味しい物をお腹いっぱい食べて怒りを鎮めよう、と帰りに好きな韓国料理店に立ち寄りました。

この気持ちの切り替えが良かったのでしょうか。

お店に入った瞬間、タイミングよく好きな曲が2曲もかかり、気持ちがふっと和らぐのを感じました。好きな石焼ビビンパを食べ終えるころには気持ちも落ち着き、お店の方の対応も良く、お茶が欲しいなと思った時にアイコンタクトなしに気づいて新しくお茶を淹れてくれるなど、お気遣いがとても細やかで、なんだか嬉しくなってしまいました。

その後のホットヨガでも他人の小さな優しさが心に染み入り、自分も周りも何かが変わったのを感じました。

怒りたくなるようなことを怒りとして爆発させず、その瞬間は我慢することになってしまいますが、ここでちょっとこらえて受け流すと、自分を取り巻く空気が変わり、思いがけない他人の優しさに出会える…こらえた分だけ、その先には何かご褒美のような出来事があるのかもしれません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
怒りも大切な感情の1つですが、その感情が自分や他人を傷つけるなど害のあるものにならないようにすること=アンガーマネジメントができること、大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました