感情は宝物〜その感情の時にしか見えない世界がある

「感情は宝物」。
先日、目黒で行われた木盛龍彦さんの講演会で出会い、胸に刺さった言葉の1つです。

感情を抑えている自分への違和感やフラストレーション、感情をコントロールできない自分にもどかしさを感じていたときだったので、気持ちがすっと楽になったと同時に、何かから解放されたような気分になりました。

感情は「宝物」。
喜怒哀楽の「喜び」「楽しみ」、それから「嬉しさ」「愛する気持ち」…など、一般的に良い感情、ポジティブな感情、と言われているものだけではなく、怒りや悲しみ、恨みや妬みなどのネガティブな感情も、すべて「宝物」。

ダメな感情は1つもない。
だから、湧き上がってくる感情は大切に味わう。

この考え方、解釈は、とてもいいな、と思いました。

何より素敵だな、と思ったのは、「その感情を抱いたときにしか見えない世界がある」ということ。
この一言で、ネガティブな感情を抱いてしまうことへの考え方が少し変わりました。
ネガティブな感情を抱くことは悪いことではない。
ただ、その時に、目の前の現実がどう見えるのか、どう見るのか、そしてそれを自分の体験としてどう捉えるのか、そこから何を得るべきなのか、何に気付くのかーー。

言われてみれば確かにそのとおりなのですが、言葉にして教えてもらわなければ気づかなかったこと、気づけなかったことでした。

「感情は宝物」。
「その感情を抱いたときにしか見えない世界がある」。

うん、素敵な言葉。
好きな言葉に追加です。

ちなみに、「感情には自分自身がその感情を味わう以外に意味はない」のだそう。
このような考え方をしたことがなかったので、聞いたときは「へっ?」と拍子抜けしてしまいましたが…この考え方もいいな、と思いました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
感情を押し殺してしまいがちな世の中ですが、多くの人が自分の感情をきちんと味わい、その時にしか見えない世界をしっかりと目に映すことができますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました