自己否定してしまう人、自分を責めてしまう人におすすめの「自己肯定ワーク」

牡羊座から始まる新たな月のサイクルと、習慣を司る乙女座に太陽が滞在中の今のタイミングに合わせ、9月4日から新たにいくつかの新習慣を始めました。

ほとんどは今月に入ってからスタートしたものですが、先日の魚座満月のヒーリング後に思い立って始めたのが、佐藤由美子さんの著書『シンクロちゃん』に載っている10秒スイッチを私なりにアレンジした「自己肯定ワーク」です。

『シンクロちゃん 一瞬で人生を変える「10秒スイッチ」の法則』は、「風の時代の生き方にフィットしそう」と思った本として以前紹介した本です。

この『シンクロちゃん』本、実は持っている本ではないのですが…シンクロという名前がついているだけあって、今回もまたすごい絶妙なタイミングで私の元にやってきてくれました。

魚座満月のヒーリング直後にものすごい「自己卑下」「自己否定感」が起こり、「ダメな自分」を払拭したくて、『シンクロちゃん』に載っていた「10秒でどんな自分にもOKを出していく」作業をどうしてもやりたくなったんです。その時に、必要となるタイミングを見越したかのように私の元にやってきてくれて…(涙)。

早速、いえ、即行で読みましたよね。

そして、再度本を読み直し、そこに書いてあるワークを自分用にアレンジして、毎日ノートに1ページ、

・ダメな自分にもOKを出す
・ダメな自分も褒める
・ダメな自分も認める

ことを書き出すことにしました。

こんなに愚直にワークに取り組み、ノートに文字を書いたのはものすごく久しぶりで新鮮でした。そして何と言っても、「自己肯定ってものすごく楽しい!!」

このワークを始めてすぐに気づいたことなのですが、私は思っていた以上に完璧が好きで、その分、自分にもすごく厳しかったようなのです。だから、できたことのほうが多くても、できなかったことが1つでもあると「ダメな自分」と無能な自分を責めてしまっていました。

でも、それだとこのワークが進まないので、できたことに1つ1つ目を向けるようにしたら、自分が思ったほどダメではないことに気づいたんです。

そして、できなかったことにも「全然OK!」と責めないことで、気持ちが一気に楽になりました。楽になったという以上に、何でも「OK」、何でも「エライ!」と自分を許し、自分を甘やかし、自分を褒めることは、とにかく楽しくて気分がいいものでした。

「どんな自分も肯定する」、これって結構できていない人、多いと思うんです。理想と現実のギャップが大きかったり、他人と比べるクセがあったり、完璧主義だったり…。

でも、自分で自分を肯定するってすごく重要なことなんだなと、このワークを通して感覚的に学ぶことができました。

もう1つ、このワークで気持ちがすっとして気に入ったのは、誰かに対して思ったイライラや腹が立ったこと、嫌だと思った気持ちをはっきりと言葉にして書き出すこと!

誰かに対して苛立ったり嫌だと思った気持ちって、けっこうなかったことにしてしまいがち。私は色々な理由から、苛立つ自分が未熟なんだと自分を責め、苛立ったこと自体をいつもなかったことにしていました。

でも、自分の感情をなかったことにしてしまうと、本心は納得できていないから、それこそ「臭いものにフタをする」だけの状態で、決して臭いものがなくなったわけではなく…。他人への恨み辛みは無意識化で膨らんで蓄積していくだけで、むしろ量が増えて腐って…より臭いものが増えてしまうだけになってしまうし、自分の本心をなかったことにするだけで、どんどん自分の本心もわからなくなっていってしまいます。

この「自分の本心がわからなくなってしまう」、けっこう重症です。私は「自分の本心がわからなくなってしまう病」がけっこう進行していました。

だからこの機会に「このノートにだけは悪口解禁」をして、「あの時アイツに本当にムカついた!」というようなことを書き出しては、そう思った自分に今までは「大人げない」とか「未熟者」なんてNGを出していたけど、初めてOKを出しました。

他人を悪く言うこと…他人を悪く思うことを自分に許したわけです。

これもすごーく気持ちがスッキリしました。そして、一般的に良くないと言われる感情もきちんと認めることは、思った以上に大事なのだということに気づきました。

逆を言うと、自分の中に芽生えた良くない感情にフタをしてなかったことにしてしまうと、今度は自分がどんどん消えていってしまうんです。

ネガティブな感情を他人の前で披露する必要はないと思うけれど、自分だけはそれを許して認めてあげる。これってすごい大事なことです。「そう思ってしまうこと」まで否定する必要はないんです。

だって、嫌なものは嫌なんだし、何よりそう思ってしまうんだからしょうがない。

ですよね?

私はある人に対してずっと思っていたけど我慢していたことを、「自分では何1つできないクセにエラそうに、そんなに言うなら手本を見せてみろ、絶対私以上にできないから!と思った私、OK!」「私はお前の部下でも手下でもバイトでも小間使いでもないんだよ!と思った私OK!」などと書いて、ものすごーく満足しました(笑)。

こんなことを思ってしまう自分は嫌だし、そもそもこんなことを思ってしまう人とは関わりたくないですが…思ってしまったことをなかったことにするのは良くないです、どんなことでも、本当に。

人の悪口は、誰かに話すとあまり良くない影響もありますが、紙に書くだけなら誰にも害はない(はず)なので、どんなことであれ、そう思ってしまった自分をまずは認める、受け入れる、この作業はすごく大事だと思います。

いつもご自分に厳しい方、ダメな自分を責めてしまう方、自己否定しやすい方は特に、どんな自分にもOKを出すこの「自己肯定ワーク」、おすすめです。

やり方は『シンクロちゃん』を読んでもらって、ご自身に合った形にカスタマイズしてもらうのが一番だと思いますが…例えば「朝6時前に起きた私、エライ!」「(できなかったことに対して)自炊できなかった私、OK!自炊をしようと思った私、エライ!」みたいな感じのことを、私は習慣づけるためにノートに書いていますが、本来は紙には書かず、その場その場で自分にOKを出していく作業(?)です。

このワークを始めて1週間以上が経ち、初日、2日目で書きたいことはほぼ書ききったので、今は書くことがないときもありますが、次の月牡羊座の日までは続けると決めたこと、何より色々なプラスの効果があるので、3日未満坊主の傾向がある私でも無理なく継続することができています。

気になる、という方は、しっくりくる方法でお試しくださいませ。おすすめです。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
どんな自分も、どんな感情も、自分だけは認めてあげて、自己肯定感を適切に高め、たくさんのシンクロを起こして、人生に幸福のスパイラルが起こることを願って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました