1ヶ月後の2021年5月14日から3ヶ月弱、木星が一時魚座入り〜世の中はどう変わる?

今朝の瞑想中、インスピレーションで「ユピ」という言葉が降りてきました。

何かあるのかな、と思って調べたところ、「ユピテル=ジュピター」と判明。

先日の牡羊座新月で、私はそこまで重要視していなかったのですが、水瓶座の木星が牡羊座の新月と双子座の火星といい感じのアスペクトだったので、そのことかな?と思っていたら…違いました。

ちょうど1ヶ月後の2021年5月14日(金)に起こる木星魚座入りのお知らせだったようです。

普段はあまり木星のエネルギーに敏感ではない私にも、来月の木星魚座入りについてはなぜかたびたびアナウンスが入るので、チェックしておいたほうがいいのかしら、と思い、今これを書いています。

チェックする…というよりは、1ヶ月前の今日くらいから木星×魚座の影響が出始めるので、(木星はまだ水瓶座にいますが)、その流れにうまく乗っていってね、というメッセージ、と受け取ったほうが正しいかもしれません。

スポンサーリンク

木星の社会への影響

木星は約1年に1度、サイン移動をする星。

社会天体の1つで、基盤を担う厳しめの土星と違い、世の中の流行や雰囲気のようなものをつくる惑星と言われています。

昨年の12月に水瓶座入りし、土星と合となり、水瓶座グレートコンジャンクションの主役となったことで、今年は木星×水瓶座の傾向が顕著に出るはずだけど、どうなるのかなーと思っていたら…

蓋を開けてみたら、やっぱりそうでもないっぽい…

というのが正直な私の気持ち(なのですが、そう思っているのは私だけでしょうか)。

前から思っていたのですが、やはり今年の木星は水瓶座より魚座の方が色濃く出る、そんな気がしています。

これはほぼ感覚的なものなのですが、一応それを裏づけられるような理由を挙げるとすると、

●昨年からの流れもあり、今年は木星より水瓶座のサブルーラーである土星の影響(側面)の方が強く出ている
●5ヶ月くらいの滞在で、早々に水瓶座を出て魚座に移動してしまう(涙)
●木星にとって魚座は元気になれるサイン

このあたりでしょうか。

そういえば先月は魚座で新月が起こりました。

木星×魚座の流れにシフトしている感じは、もしかしたら魚座新月の辺りからすでにあったのかもしれません。

スポンサーリンク

木星×魚座がもたらす変化

言語化してロジカルに説明しようと思うと難しい部分ではあるのですが…

水瓶座と魚座には、本質的には同じであろう概念があると思っています。

ただ、当てはめている定義や表現の仕方が違う、というだけで。

なので、木星×魚座への世相の変化、というのは、そのあたりの表現…言い回しの仕方が、水瓶座的なものから魚座的なものに置き換えられていく、そんな感じだと思います。

例えば、私が今後一番くるなと思っている「目には見えない世界」のこと。

水瓶座の場合は「電波、波動、周波数、次元、エネルギー」などといった理科寄りの表現になることが多いのですが、魚座だと「宇宙、高次元、高次の存在、スピリット、ハイヤーセルフ」などといったスピリチュアルな感じになります。

「愛」という概念にしても、水瓶座の場合は「博愛」、あとは「平等」なども当てはまるかな。

魚座の場合だと、「慈愛や無償の愛」、もっといくと「ワンネス」「私たちは愛そのもの」みたいな表現になる。

だから、本質的な部分で何かが急にガラッと変わるというわけではないと思うんですけど…

表現の仕方が変わり、その変化がわかりやすく出始める、一般的になっていく、そんな流れになる気がしています。

木星×魚座の魚座木星期の本番は来年なので、まだまだかなーと思っていましたが、私の周りのスピの加速具合と、「風の時代」というワードの世間への浸透ぶりを見ると、来月からの木星魚座一時滞在期間で、スピリチュアルな物事への関心、そして超感覚と言われているものへの目覚めが増えていきそうです(そこから利他愛の精神なども増えていきそう)。

スポンサーリンク

これからはスピリチュアリティに心を開いていく

来月の木星魚座入りは、去年の土星のように一時的なもの。

3ヶ月弱と短い期間ではありますが、木星の拡大・発展力により、魚座らしさ、というのは世間に急速に浸透していくのではないかと思います。

もちろん、身を置いている環境や今の状態により、その進度には個人差があるとは思いますが。

ただ、スピリチュアルが身近なものになったとき、「スピリチュアルな物事を否定せず、自分のスピリチュアリティに気づいていくこと」、

そうすることが、「より良い未来の創造につながる」ということなのだと思います。

無理にスピ思考になる必要もないと思いますが、時代がそっちの方に向かっているので、頑なにそれを拒絶する、という姿勢は変えた方が、今後、生きやすくなると思います。

(明日からの星の動きも、見方によってはスピリチュアリティを目覚めさせるような流れになっていたりします)。

肝心なことを忘れていました。

今後の木星の動きはこんな感じです。

【2020年~2022年の木星の動き】
2020年12月19日(土)~2021年5月14日(金):in水瓶座
2021年5月14日(金)~2021年7月28日(水):in魚座
2021年7月28日(水)~2021年12月29日(水):in水瓶座
2021年12月29日(水)~2022年5月11日(水):in魚座
2022年5月11日(水)~2022年10月28日(金):in牡羊座
2022年10月28日(金)~2022年12月20日(火):in魚座
2022年12月20日(火)~:in牡羊座

エネルギー的な影響は日付どおりではありませんが(今は早く出てる)、ご参考までに。

あと、以前木星についてちょっとわかったふうなことを書いていたので、よろしければこちらもご参考までに。

そういえば、3日前…かな?

ちょうど牡羊座新月の前後くらいですね、そのころ、木星で新しいタイプのオーロラが発見されたそうです。

Yahoo!検索

今の木星は何か特別なエネルギーを持っていそうなので、ぜひ今日から木星を意識してみてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

木星とアンカリングし、新たな流れの中でも、自分が求める幸福の流れにスムーズに乗っていけるよう、今から意図しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました