地の時代の呪いがとけると生き方が変わる…?

こんばんは。
アクエリアン&エンタメヒーラーの如月マイゴです。

今日から1週間後は、いよいよ太陽の牡羊座入り=春分=宇宙元旦ですね。

皆さま、新たなスタートに向けて、準備は着々と進んでいらっしゃるでしょうか?

  

最近、ターニングポイントが多すぎて、どこを区切りのタイミングにするかでよく迷うのですが、

春分を区切りのタイミングとすると、今は風の時代初年度の最後の時。

そして、来週からは風の時代2年目に突入、という流れになります。

なのでここ数日は、断捨離などをしながら、振り返りのようなことや、今年のアクションプランの見直しのようなことをしていたりするのですが、

いつもと違い、やる気が出ないというか、エンジンがかからず、おかしいなと思っていたら…はたと、あることに気がつきました。

自分の中に、「野心」のようなものがない…。

どうやら、地の時代の様々な呪いがとけていたようなんです。

この呪いというのは、人によって違うとは思うのですが、私の場合は「勝ち組や勝者にならねば」的な価値観、上昇志向のようなもの…かな。

社会的成功をおさめなきゃとか、高収入を得なきゃとか、権威とか、ピラミッド構造の頂点とか…私のあまり好きではない山羊座的なアレです。

別に山羊座自体が嫌いなわけではないのですが…私が知る限り(だから、期間としては短め)、地の時代は山羊座の司る領域が嫌らしい感じで出ていた気がするなーと。

そして、私が山羊座のそういうところに敏感なのは、おそらく、前の星座をぶっ壊したいというある種の星座の習性のようなものなのではないかと思います。

そう、元々私の中に、山羊座的なそういう部分への憧れってあまりなかったんですよね。

でも、生きていく上で、様々なものを身につけていました。

別にそのこと自体を後悔しているわけではありませんが、自分の本質とはズレた部分をゴールにしちゃっていたので、ある意味ずっと、幸せの青い鳥を探し続けて彷徨い続けていた感がありました。

でも、そんな自分はもういない。

私は、最後の地の時代である2020年から、「昔の自分に早く戻りたい」とずーっと思っていたのですが、それがようやく叶いました。

私に限らず、多くの方が、大人になるにつれ、自分由来のものではない、外から取り入れた価値観や理想を自分のものと思いこみ、大切に抱き続けている節があります。

だから、それに基づいて生きていると、本当の意味での幸せを感じることはできないし、進む方向もどんどんズレていってしまうし、自分にとっての正しい生き方ができず、結果、人生は苦しいものとなっていってしまいます。

思えば私も社会がつくりあげた価値観や理想を追いかけ、長い間、間違った方向を目指して進んでしまっていて、結果、いつまでたっても本当にたどり着きたい場所にたどりつくことができていませんでした。

その呪いが、風の時代の初年度、この1年をかけてようやくとけてなくなりました。

すべて私自身がつくりだしていた「幻想」でした。

  

ただ、この「呪いのようなもの」がとけてびっくりしたこともあります。

良くも悪くも、いわゆる「夢」というものがなくなってしまったことです。

夢は、ある種私の生きる原動力になっていたので、それがなくなってしまったら、どうすればいいのだろうと。

ただ、もしかしたらそれすら幻想だったのかもしれません。

私が本当に成したいことというのは実は、何か大きなことを成す必要はなく、何者かになる必要もなく、それこそ、日々の一瞬一瞬で実践できることばかりでした。

なので今ちょっとぽかーんと拍子抜けしたような状態になっていますが(笑)。

自分らしく生きる、というのは、実はこういうことだったのかな、とも思っています。

  

皆さんは「本当の自分」で今を生きていますか?

今の目標設定や目指すものは、本当に自分の純粋な願いや望みからきているものでしょうか?

人によって目覚めや気づきのタイミングは違いますし、早ければいい、というものでもありませんが、

2022年を本当の意味で自分らしく生きたいと願うのであれば、4日後の2022年3月18日(金)の乙女座満月で色々とクリアにしておくとよいのかな、と思います。

こんまりさんではないですが、周りの物などと向き合うこと、それから自分の体や思考と向き合うことで、見えてくるものもあったりしますからね。

私ももう少し自分と向き合ってみようと思っています。

  

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

2022年の春分までの1週間が、新たなスタートへの有意義な準備期間となることを願って。

  

☆★∞∞∞∞∞∞∞∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞∞∞∞∞∞∞∞★☆★

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました