水星逆行中は「毎日が転機」、そして水星逆行トラブルは「水星からのメッセージ」を入れた派手な封筒のようなもの

こんばんは。
如月マイゴです。

いよいよ始まりましたね、牡羊座木星期!

皆さんはどんなスタートとなりましたか?

水星逆行のエネルギーも相まって、私は昨日一昨日とかなりフワフワしていて、地に足がつかず、色々なことをあまり覚えていないのですが、

そんな中、水星逆行、そして水星逆行トラブルについて、私の中で1つの答えが出たので、今日はそのことについて書こうと思います。

  

もともと私は、水星逆行時のトラブルが多かったわけではありません。

ただ、聞く話や周りの人を見ているととにかく大変そうだったので、それに巻き込まれるのが嫌で、

水星逆行トラブルの被害を最小限にするため、水星逆行中は極力大人しく過ごす、20分前行動を心がける、できるだけ人との約束を入れない、など、行動を徹底していた部分がありました。

でも、去年のレアな水星逆行、私がミラクルタイムと呼んでいるアレですね、アレを体験してから、すごい体験ができるチャンスを無駄にするのはもったいないので、水星逆行の従来の解釈は直ちに変えるべきだと思うようになりました。

「そもそも水星逆行トラブルなんてない」と。

なので、星のアスペクトから、ミラクルタイムにはならないとしても、今回も水星逆行トラブルはない、と信じて行動していたところ…。

今回は珍しく、わりと早くから、いわゆる「水星逆行トラブル」が起こり始めました。

もしかしたらこんなに短期間でわかりやすくたくさんのことを体験したのは初めてかもしれません。

まあトラブルとは言っても、終わり良ければすべて良し、というか、いつもどおりではなかっただけで、結果的には問題ないことばかりだったので、イレギュラーとかハプニング、と言ったほうが正しいのかもしれませんが、

明らかに「水星逆行トラブル」だとわかることが頻発したので、それを認めたくない私は頑なに別の意味づけを探し続けました。

途中焦ったり、予定が大きく狂ったりはしたものの、ギリギリのところで気づいてリカバリーできたし、むしろ不幸中の幸いだったのではないか、とか…

自分の身に起こったことに対して「単なる不運」ではない解釈を当てはめていったのです。

そうしたら、わりと早い段階で気づきました。

これは、もらい事故のような不運ではなく、全部必要だから起こっていた、ということに。

(もしかしたら、前からそうおっしゃっていた方もいるかもしれませんが、私はトラブルに対する注意喚起しか知らなかったので、このまま続けさせていただきますね)。

まず、水星逆行時に起こるトラブル(と思えるようなこと)によって、私たちは行動や選択を変えることができるチャンスをもらっています。

なかなか変えられない癖のような言動や習慣を変えやすい機会を与えられているんです。

つまり、転機。
ターニングポイント。

ただ、このターニングポイント、水星だから、決断を迫られるのがめちゃくちゃ早い。

瞬時に判断・決断をして行動に移さないと、ほんとただの不運なトラブルで終わってしまう可能性が高いです。

でも、いつもとは違う行動が瞬時にできたとき、パラレルシフトやパラレルジャンプが叶います。

そしてもう1つ。

このトラブルには水星からのメッセージが隠れています。

なので、トラブルの先にあるメッセージに気づかないと意味がないというか、これまた不運なトラブルで終わってしまうので、そこまで意識を向けることが大事。

いつもは無口な…というよりはエネルギーが軽過ぎて気づけない水星からのメッセージも、水星逆行のときには様々な形である意味受け取りやすくなっています。

ミラクルタイムのときも、起こる現象がわかりづらかったり気づきづらいことが多かったので、おそらく本質は同じなのですが、トラブルとして起こった方が私たちは気づきやすいですよね。

だから、トラブルのような見え方で表れることが多いのかな、と。

言ってみればこのトラブルは、水星からのメッセージを入れた目立つ封筒のようなもの。

そこに気づけたのは、トラブル続き(?)の中で、説明のつかない不思議な出来事もいくつか起こっていたからです。

その1つが、普段使っているエレベーターを利用したときに、降りる階を押した記憶がないのに勝手に動き始め、なぜか最上階まで一気に上がっていったという出来事。

途中で他の階のボタンを押してもまったく反応しないので、最上階に着くまで降りることができず…

水星逆行のときはこんな機械トラブルもあるので、乗っている間は正直、かなり怖かったです。

なので、最上階で無事降りることができたとき、降りるのにエレベーターを使うのは迷ったのですが…

階段を使うにはちょっと…な階数だったので、ビクビクしながら再びエレベーターに乗り、今度は降りたい階数を押し、さらに途中で他の階のボタンも押してみたらちゃんと反応することも確認したので、

さっきの現象は水星からのメッセージ…

「上昇気流に乗ったら途中下車はできないよ〜。途中、怖いと思うかもしれないけど上まで一気通貫だよ〜」と、今後の擬似体験をさせてもらったのだと、後になって気づきました。

ほんとわかりづらいのですが、水星が色々な形でメッセージをくれるということが体感としてわかった瞬間でした。

水星って太陽の一番近くを回っているし、占星術での立ち位置というか解釈も、太陽のお付きのような感じで、

太陽が意味するものが使命や人生のゴールだと考えたとき、やはり水星はそこのサポートに入るわけですよね。

なので、水星自体に人のような意志はないと思うのですが、擬人化して見ると、間違っているものは正したいから、逆行という物理的なエネルギーの切り替わりのタイミングで軌道修正に入ったり、色々教えてくれようとしたりする。

ただ、水星は波動が軽過ぎて普通のアプローチだと私たち人間には気づきにくいから、早急に気づきが必要な部分には、トラブルという形でわかりやすく発現させる…。

私は大きな水星逆行トラブルの経験がないので断言はできませんが、おそらく、トラブルが多い、大きいときは、急いで変えるべき何かがあるのではないかと思います。

そういう意味では、間違った進路を軌道修正するチャンスや必要なことに気づけるチャンスが年に3〜4回あるのはありがたいこと。

すべて、何かを気づかせるために起きている「ラッキータイム」なのです。

「水星逆行トラブル=水星からのメッセージ」ということを前提に見ていくと、トラブルの奥、トラブルの裏に隠されたメッセージにも気づきやすくなると思います。

全員に当てはまることかはわからないのですが、水星逆行トラブルが起きたときはぜひコレ、試してみてください。

今回は水星のホームの双子座が絡んでいることもあり、水星からのアプローチにハッとさせられることも多いはず。

というわけで、始まったばかりの水星逆行、今年は「ラッキータイム」として、水星からの軌道修正やメッセージをバシバシ受け取り活かしていきましょう☆

  

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

逆行中の水星の華麗なるサポートで、必要な軌道修正とともに、ベストなタイミングで風に乗るように軽やかに流れに乗ることを願って。

☆ ★ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ★ ☆ ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました