「後悔する」ことと「後悔しない生き方」

「後悔する」というのは地球特有の経験だと思う。

そしてそれを超えて「後悔しない生き方」をすることも、地球でしかできない経験、のような気もする。

これは、スピリチュアルセッションで高次の存在やクライアントさんのハイヤーセルフとつながることで知った感覚。

おそらく高次元に「後悔」という概念はない。

だから時々、高次の存在からのメッセージを通訳するのに悩むことがあるのだけれど、

地球でこの「後悔する」という体験をしてみたい人、というのはいるのだと思う。

きっと地球以外では体験できないから。

  

先月の下旬、東京・代々木上原にある、世界で初めてミシュランの星を獲得したラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」の創業者が亡くなったことが報道された。

私はかなり前からこのお店のラーメンを食べたいと思っていて、メニューや購入方法を事前に調べていた。

でも、結局それはもう叶わないのかもしれない。

少なくとも、創業者であるオーナーシェフの作ったラーメンは食べることはできない。

前にもこんなことがあったことを思い出す。

5代目中村勘九郎、18代目中村勘三郎氏の「平成中村座」、蜷川幸雄氏の舞台。

ずっと生で観劇したいと思っていたのに、それは叶わなくなってしまった。

「いつか」は一生こなくなってしまった。

  

先日、映画『ミッドナイトスワン』をようやく観た。

この映画もずっと観たいと思って、でも、観ることができるタイミングがあっても何となく行動できずにいた。

そうして、多分2年くらい経っていた。

今でも細々とシアター上映をしていたから観ることができたけれど、これは例外だとも思う。

以前、「今でしょ」という言葉が流行ったけど、あれは本当にそのとおり。

「今」を逃したら、

少しでも先延ばしにしたら、

それは永遠に叶わなくなり、一生後悔し続けることになるかもしれない。

  

『ミッドナイトスワン』はこれまたすごく3次元の苦しみや悲しみが随所に散りばめられた地球っぽいストーリーだった。

観ているだけですごく苦しかった。

でも、主人公のふたりを始め、登場人物たちは皆、「後悔しない生き方」をしていた。

「後悔なく生きること」。

難しいことだけれど、これも地球ならではの体験、なのだと思う。

そして、不安定に揺れている今の地球では、「後悔なく生きること」はとてもとても重要なこと。

でも、不思議なことに、ひとたびそれを腹の底から決めてしまえば、後悔しないよう行動できるようになる。

  

「Japanese Soba Noodles 蔦」大西氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

  

☆ ★ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
Thank you for coming.
With my gratitude,
with Love.
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ★ ☆ ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました