【2021年1月の転機予報・今月の星の動き】風の時代の新年スタート!山羊座から水瓶座への本格移行期

あけましておめでとうございます。
今日から2021年です。

2021年の年間転機予報でも書きましたが、個人的にはまだ地の時代のエネルギーが多く、風の時代に変わった感じがしないなー、というのが本音です。

(つまり、新年感が、ない…)。

去年…2020年3月〜4月のインパクトが強すぎて、その衝撃を引きずってしまっているのかな。

変化は緩やかな方がいいことはわかっているんですけれども…(天王星や土星の切り込み方は心臓に悪いことが多いですからね)、早く私の生きやすい社会になって…と内心では思っているアクエリアンの私です。

でも、早ければもうすぐ、順当にいけば今月中旬以降、雰囲気は変わってくるかな、という感じ。

逆に、今後、準備不足にならないよう、万全の態勢を整えておくのが今の時期に必要なことかもしれません。

2021年1年間の星の動きはこちら。

2021年の星読みと月別転機予報〜人生の主役は自分!1年の抱負や目標は獅子座的に
あけましておめでとうございます。2021年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。さて、2020年年末は約200年に1度のグレートコンジャンクションが水瓶座で起こり、時代も変わったことから、風のエレメント&水瓶座色が強くなりそうなムード...
スポンサーリンク

2021年1月の星の動き

年始&今月の星の動きはこんな感じです。

2021年1月1日(金)0時時点での星の配置
・太陽、水星、冥王星…山羊座
・月…蟹座→獅子座(朝4時ごろ)
・金星…射手座
・火星…牡羊座
・木星、土星…水瓶座
・天王星…牡牛座
・海王星…魚座

新年になった瞬間は山羊座に星3つと、数だけでは山羊座優位なので、個人的に体感するレベルではそこまで大きな変化はないのかな、と思います。

元旦の星の配置では、個人的には月が朝4時ごろに獅子座に移動することに注目しています。(年間の転機予報にちらっと書きましたが、獅子座的スタンスが良さそうな1年。詳細はまた明日)。

2021年1月の星の動き
・2021年1月7日(木)火星牡牛座入り
・2021年1月8日(金)水星水瓶座入り
・2021年1月9日(土)金星山羊座入り
・2021年1月13日(水)14時ごろ 山羊座新月
・2021年1月14日(木)天王星逆行終了・順行へ
・2021年1月15日(金)10天体順行(2021年1月30日(土)までの約2週間)
・2021年1月20日(水)太陽水瓶座入り
・2021年1月29日(金)4時15分ごろ 獅子座満月
・2021年1月31日(日)水星逆行開始(2021年2月21日(日)まで)

【2021年1月1日(金)時点で逆行中の惑星】
・天王星…8月15日(土)~2021年1月14日(日)

年始は特に腰が重い私ですが…こうして見てみると、1月から動きを合わせておきたい星の動きがいくつかあります。

地のエレメントのエネルギーがまだ強い時期なので、機を待っているだけではおそらく風に乗ることはできません。

1月は、自分で風を見つけて乗る、という能動的なアクションが必要になりそうです。

スポンサーリンク

2021年1月の転機予報

上記の星の動きの中で、大きな転機となりそうなのはこちら。

2021年1月7日(木)の火星牡牛座入り

昨年2020年6月28日(日)から、逆行期間含めて約半年という長期間、パワー全開で後押しをしてくれた火星が、いよいよホームである牡羊座を後にし、牡牛座入りします…(涙)。

火星のサイン移動は通常約2ヶ月くらいなので、半年となると、かなりの長期間&イレギュラー。

しかも、水瓶座グレートコンジャンクションという時代の節目を迎えるにあたり、個人レベルで力を貸してくれたとしか思えない日程でした。

昨年、私はこの牡羊座の火星にかなり後押しをしてもらったので、今回の移動はかなり辛いですが…仕方がない。

お正月休み明けのタイミングとも重なるので、さらに「やる気が出ない…」モードに拍車がかかるかもしれませんが、言ってみれば、今までは全員がマリオでいうところの「スター状態」、ドラクエでいうところの「ピオリム」や「バイキルト」などの補助魔法がかかっていたようなものなので、そこは自力でどうにかがんばりましょう。

ただ、火星が次に移動する牡牛座には、水瓶座の守護星(ルーラー)である天王星が滞在中。

完全に感覚ですが、天王星と火星はエネルギーの種類が似ている気がするので、双子座へ移動する3月ごろまでは、牡牛座の天王星をバックアップというか、ここを通じてのサポートが入るのではないかと期待しています。

「まだ火星の力を借りたい!」という方は、あと1週間あるので、七草粥を食べる前までに行動して、スタートダッシュだけでも手伝ってもらいましょう。

2021年1月8日(金)水星水瓶座入り

普段はそこまで気にしない水星のサイン移動ですが、今回は水瓶座入りなのでピックアップ。

この後、太陽、金星、月…と、2021年2月12日(金)の水瓶座新月に向けて、星が水瓶座に集まっていきます。(ちなみに水瓶座新月は、10天体中6天体が水瓶座に集まるという水瓶座祭りに)。

その水瓶座祭りの先陣をきるのがこの水星。

しかも、今回は月末に逆行することで、去年の火星のように、水瓶座に長期イレギュラー滞在することになります。

水星逆行については後ほどまた書きますが…「水瓶座に約2ヶ月滞在は何かある」と私は見ています。

2021年1月13日(水)山羊座新月

1月9日(土)に金星が山羊座入りし、山羊座に4天体集合したタイミングで起こる新月。

山羊座色も地の時代のエネルギーも、この日をピークに少しずつ薄れていく気がしています。

ただ、人によっては、地の時代、特に過去20年の間にがんばってきたことや積み重ねてきたことが、評価されたり報われたり…そんなタイミングにもなるのではないかと思っています。

新月は始まりのタイミングなので、「1つの集大成」と、「そこから新たにスタートすること」が同時にやってくる感じ。

私も、地のエレメントがないながら、必死にできない努力をしてきた苦労が報われて、夢が実現するといいな…と思っています。

2021年1月14日(木)天王星逆行終了・順行へ

今期のキーサイン・水瓶座の守護星(ルーラー)である天王星が、水瓶座のシーズンを迎える前に順行に転じます。

個人的に、天王星はサイン移動時のインパクトは大きいけれど、順行・逆行の時の影響はそんなにないと思っています。

でも去年、逆行に転じた前後で東証のシステムダウンか何かがあった気がするので、今回も14日前後はネットやシステム周りのことをメインに、うっすら意識だけはしておいてもいいかもしれません。

それから、天王星は水瓶座同様、今期のキープラネットになるので、天王星の動きやエネルギー、影響は、1年を通して意識しておくのがベター。

ただ、牡牛座にいるときの天王星は力が発揮しづらいようなので(感覚的にはすごくよくわかる)、良くも悪くも影響はまろやかな予感。

いつもは力が強すぎて人がどうこうできるレベルではありませんが、今期は天王星のエネルギーも積極的に使っていきたいところです。

2021年1月15日(金)〜全惑星順行期間スタート

天王星の逆行終了とともに、10天体すべてが順行になるタイミングがやってきます。

この期間は物事がスムーズに進みやすいときなので、障害なくスムーズに進めたい案件などがある場合は、この期間に照準を合わせて行動するのがおすすめです。

逆行のタイミングで生まれた人は、惑星が逆行している時の方が調子がいい、という話も聞きますが、逆行中生まれの私でも、この期間は波に乗りやすいというか、色々と行動がしやすいタイミングのように思います。

2021年の全惑星順行期間は下記2回。

・1月15日(金)~2021年1月30日(土)までの約2週間
・2月22日(月)~2021年4月27日(土)までの2ヶ月強

合わせて約2ヶ月半あるので、この期間を上手に使ってくださいね。

2021年1月20日(水)太陽水瓶座入り

水瓶座色が強くなっていくタイミングです。(過去の傾向を見ても、今のイレギュラーな流れの中では、新月より太陽の動きの方がスタート感があるというか、エネルギーが強く出ている気がします)。

この前後から、個人レベルでも社会的にも、風の時代になったことを実感するようなことが起こり始めそう。

パラダイムシフトによってどう変わるかは、最近は皆さん大体おっしゃることが同じになってきたので、調べてもらった方がご自身の納得のいく答えを見つけることができるかと思いますが…

簡単に理解するなら「今までとは真逆の価値観が主流になる」という感じでしょうか。

私のようなアクエリアンはありのままの自分で問題なし、地のエレメントが強い方や、地の時代の価値観が染みついている方は、柔軟な発想や多様性を認める姿勢を取り入れると良いのではないかと思います。

簡易テストはこちらをどうぞ。

2021年1月29日(金)獅子座満月

2021年初めての満月は獅子座で起こります。

年始にも月が獅子座にあったことから、2021年は風の星座(水瓶座・双子座・天秤座)に加え、水瓶座のペアでもある獅子座もキーサインの1つと考えた方が良さそう。

むしろ個人レベルでは、まずは獅子座的「自分の人生の主役は自分」であることを意識して、しっかりと落とし込んだ方がいいんじゃないかなーと思っています。

この獅子座満月では、今後のためにも、自分が人生の主役であることを再度インプットすることをおすすめします。

2021年1月31日(日)水星逆行開始

期間的にはもしかしたら水瓶座から魚座に入っているかもしれないのですが…水瓶座での水星逆行です。

期間は2021年2月21日(日)までの3週間。

ですが、影響がかなり早く出る人や強い人は前後1ヶ月、影響が出やすい人は1週間くらい前から「水星逆行対策」はしておきましょう。

水星逆行時の注意事項はこちらをどうぞ。

特に今回の水星逆行は

①キーサイン・水瓶座で起こる
②水瓶座新月に絡んでいる
③水瓶座に2ヶ月強滞在(2021年3月16日(火)に魚座入り)

と、気になる要素が満載。

これが、吉と出るのか凶と出るのか…どちらもあり得るので、この水星の動きがどう影響してくるのかは、今はまだ読めません。

なので、通常の水星逆行時の悪影響を頭に置きつつ、いつもとは違う形での影響があることも意識しておいてください。(悪いことばかりではないと思いますが…)。

スポンサーリンク

2021年1月は「地の時代」から「風の時代」への本格移行期間に

今はまだ射手座新月月間なのですが、今月は実質、「山羊座から水瓶座への移行」=「地の時代から風の時代への本格移行期間」、これがメインになるのではないかと思います。

水瓶座や天王星の影響というのは、突然ガラリと変化を促すようなドラスティックな形で出るので、1月中旬…後半ごろにそんな動きも出てくるかもしれません。

そのあたりはなってみないとわからないので、特に中旬以降、何か未知の動きがあるかも、という心構えだけはしておいてください。

変化があるようなら、1月8日(金)の水星水瓶座入りと一緒に予告があるかもしれないので、そこは世の中の動きも見つつ判断するのが良さそうです。

それでは。
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

2021年を、良い形でスタートすることができますように。
皆様のご多幸を願って。

本年も「アクエリアンドリーム」をどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました